Photo by iStock
# カジノ

たった10分で1億円を失う…カジノに狂った大富豪のスゴい負け方

5年で60億円つぎ込んだ人も
人はなぜ、カジノに狂うのか? その知られざる裏側と、大富豪たちのリアルな生態を明かすのは、マカオの日本人カジノエージェントで、著書『カジノエージェントが見た天国と地獄』がある尾嶋誠史氏だ。たった10分で1億円を失って平然としている人、5年で60億円をつぎ込み、なお懲りずにカジノへ通う人……。私たちの想像を超えた、大富豪たちの見事な「負けっぷり」を暴露する。

大富豪は負けっぷりもすごい

VIPルームのお客様になるには、まず最低でも140万円のデポジットが必要。さらに、ハイリミットでの1ゲームの最低の賭け金が14万円から……。

Photo by iStock

正直、信じられない金額が日々やりとりされているのですが、そこに集う人々のお金の使い方は半端ではありません。

ここからは、僕自身が体験した話、また僕と同じようにジャンケットに勤める周囲の人から聞いたものすごいお金持ちの話をお伝えしたいと思います。

ジャンケットのエージェントとして、僕はこの6年ほどの間、年間300人近いお客様をアテンドしてきました。

どのお客様も予算は最低1億円。多ければ年間100億円単位のお金を使って帰るような方々も決して少なくありませんでした。

1枚のチップの金額が、1万香港ドル(約14万円)、10万香港ドル(約140万円)、なかには100万香港ドル(約1400万円)というものも。

そんな金額を気軽にやりとりしていれば、あっという間にお金はなくなってしまいます。結果、ついつい勝負に熱くなり、自分の資産を全部カジノに突っ込んでしまうような方もいらっしゃいました。

僕がアテンドしたお客様のなかでも、最速でカジノで大金を失った大富豪といえば、おもちゃメーカーを経営していた李さんでしょう。

李さんの年齢はおよそ40代半ば。細身でいつも柔和な笑みを絶やさない、見た目はいたって普通の男性でした。

 

しかし、彼はとにかくカジノが好きで、マカオにやってくると酒よりもゴルフよりも、まずカジノという人でした。

そんなわけで、李さんをアテンドするときは、どこにも寄らずにまずホテルへとチェックイン。

そして、ホテルに荷物を預けてから、すぐにカジノに繰り出すというのがおきまりのパターンでした。

でも、ある日のこと。

いつものようにホテルのロビーで待つ李さんを残して、僕が彼の代わりにチェックインの手続きをしにいきました。チェックインが終わって、10分後に戻ってみると、どうやら李さんの様子がおかしい。

どこかふてくされたような顔をして、ぶつぶつ文句を言っています。

「李さん、どうしたんですか?」

チェックイン待ちをしている間に、ホテルの従業員が何か失礼なことをしたのか、もしくはなにか僕のサービスで気に入らないことがあったのかなどの不安が頭をよぎり、思わず聞いてみました。

すると、李さんは怒りながら

「今日はまったくついてない……!」

とつぶやいています。