Photo by iStock

月15万円使っても100歳まで安心な「資産の取り崩し方」

死ぬまでリスクを取り続けよう
毎月たった3万円で、老後までに3000万円の「プライベート年金」をつくる。はたしてそんなことが可能なのだろうか? 資産運用会社「GCIアセット・マネジメント」エグゼクティブ・マネージャーで、著書『毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる米国つみたて投資』もある太田創氏は、「どう取り崩すか」まで計画することを勧める。ポイントは「運用しながら取り崩すこと」。人生100年時代でも安心な「出口戦略」について教えてもらった。

積立はいつまで続けるべきか?

積立投資をいつまで続ければ良いのか? 恐らく、多くの人はそれを考えるはずです。

Photo by iStock

入口、つまり積立投資を始める「ベストなタイミング」は、ありません。それこそ、思い立ったが吉日ではありませんが、積立投資を始めてみようと思ったら、とにかくすぐ始めることが肝心です。

でも出口、つまりどのタイミングで積立を止めるかについては、少し計画性を持たせた方が良いでしょう。

まず考えるべきは、いつまで積立投資を続けるかということです。本記事のスタンスとしては「30年で3000万円」という目標を掲げているわけですが、当然3000万円以上の資産を築いても良いですし、健康維持、あるいは特定の施設を終の棲家にすることなどを考慮すれば、お金は少しでもたくさん持っているに越したことはありません。

その意味では、できるだけ長期間、積立投資を続けた方が良いという結論になります。

 

しかし現実的には、できるだけ長期間、積立投資を続けながらも、どこかの時点でそれを取り崩しながら生活していくわけで、そのタイミングはどこに設定すれば良いのかという点を、第一の出口戦略として考える必要があります。

ひとつは定年退職を積立投資のゴールにすること。それまでに3000万円の資産をつくっておき、公的年金が受け取れるようになったら、年金に3000万円の資産を徐々に取り崩して加え、月々の生活資金をより豊かなものにしていきます。

ここで考えなければならないのは、ゴールに達した時点で、積み立ててきた投資信託を全額換金するべきかどうかです。どうしますか?

全額解約はお勧めできません。大事なことは、運用しながら取り崩していくことです。なぜなら、それによって「お金の持ち」が違ってくるからです。

老後に旅行やレジャーなど、ゆとりある生活をするのに必要なお金は月35万円といわれています。このうち受け取れる年金の額が20万円だとしたら、差額の15万円を、3000万円から取り崩すことになります。