文在寅とトランプ「かみ合わなかった米韓首脳会談」の舞台裏

朝鮮半島はこの先いったいどうなるのか

トランプ大統領の頭の中

先週、4月11日という日は、朝鮮半島にとって盛りだくさんの一日だった。

韓国では大韓民国臨時政府(日本植民地時代に上海で亡命政府を宣言)の100周年記念式典が開かれた。また北朝鮮では、年に一度の最高人民会議(国会)が開催された。一方、ワシントンでは、ドナルド・トランプ大統領と文在寅大統領の米韓首脳会談が開かれた。

それぞれの場で、朝鮮半島情勢を左右する3人のキーパーソン――文在寅大統領、金正恩委員長、トランプ大統領が、それぞれ「自説」を述べた日だった。

この3首脳の中で、いま最も優位な立場にあり、フリーハンドなのは、トランプ大統領である。トランプ大統領の意向次第で、3回目の米朝首脳会談も開けるし、逆に北朝鮮との交渉を打ち切って、空爆することだって可能だ。そのため、トランプ政権の対北朝鮮外交を分析することが、今後の朝鮮半島情勢を見通すために、第一義的に重要だ。

トランプ政権の外交指針は、2017年12月18日に発表した「国家安全保障戦略」で、明確になっている。その骨子は、以下の4点である。

①アメリカ本土の防衛
②アメリカの繁栄の推進
③アメリカのパワーによる世界の平和構築
④アメリカの世界での影響力拡大

このうち、トランプ大統領に「重要なものを二つ選んでほしい」と頼んだら、即座に①と②に印をつけるに違いない。

では、マイク・ペンス副大統領に頼んだら? 「二つなんか決められない、4つすべてが重要だ」と言いそうだ。つまりペンス副大統領は、トランプ大統領と比較すると、③と④に力点が置かれている。

このように、トランプ政権の外交は、「トランプ大統領的な考え」と「ペンス副大統領的な考え」の「二重奏」になっているのが特徴だ。それは、「目先の利益」を最優先するか(短期的アプローチ)、「恒久的な理念」を最優先するか(中長期的アプローチ)と言い換えてもよい。これは、対北朝鮮外交、対中国外交、対ロシア外交、対EU外交など、すべてに当てはまる。

そのことを念頭に入れながら、まずはアメリカ東部時間の4月11日昼に行われた、トランプ大統領と文在寅大統領の米韓首脳会談を見てみたい。

〔PHOTO〕gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら