子供が可愛いというのと、長期休暇が辛いというのは、別問題です Photo by iStock

諍いの多くは長期休暇に起きる…GW10連休を前にした父の悩み

パパいや、めろん③子供と長期休暇

現在ヤングマガジンで漫画化もされている『キッズファイヤー・ドットコム』ではクラウドファンディングでのホストの子育てとその行く末を描き、意外そうながらリアルな育児ワールドを展開している作家の海猫沢めろんさん。自身も小学生の子どもを育てている真っ最中だ。アイデアマンのめろんさんに、子どものいる大人にとっては切実な問題、直前に迫るGWなどの長期休暇について聞いてみた。

海猫沢めろんさん連載「パパいや、めろん」こちら

ぼくは憂鬱です

GWに直面した子育て世代の皆さん、お元気ですか? ぼくは憂鬱です。
長期休暇……独身貴族や小僧どもにはわかるまい……いかに地雷を踏まないで過ごすかというデスゲームの始まりである。
ぼくはかつて、あらゆる地雷を踏みまくってきた。だからこそ言えることがある。
今回は子供と休暇について考えたい。

 

旅行に行きたくない!

このエッセイを書くにあたって、子供がいる友人たちに「長期休暇どうしてる?」と聞いてみたところ、全員「旅行」と答えた。

休みの日に家族旅行。なるほど、スタンダードだ。しかし、ぼくはそのスタンダードに納得できない。

子供の頃。旅行が嫌いだった。家族で旅行に行くより、家でゲームをしているほうが楽しかった。旅行先に子供が好きなものはなく、風景と温泉しかない。仕方なく斜に構え、旅行先の旅館のゲーセンでひとりゲームをする。それがぼくの旅行のイメージだ。
大人になってもそのイメージはそれほど変わっていない。だから家族旅行にはどうも乗り気になれない。

ぼくだけの意見を通すのも悪いので、パートナーにも聞いてみたところ、
人が多い休みの日にわざわざ旅行に行くなんてバカでしょ
合理的な彼女はそう言った。

続いてうちの子供に、
「今度の休み、どっか行きたい? 家でゲームする? ゲームしようよ」
と誘導尋問ぽく聞いてみたところ、
うーん、熱海いきたい
と、老人みたいなことを口にした。遠いよ! 東京にいた頃と違うんだ……熊本から熱海は遠いよ! OK、わかってる……この家でまともなのは君だけだ。父と母には常識がないんだ。それでもすまん……GWはどこも行きたくない!

子供が「ゲームやろう!」というのを大人が連れ出す構図が多いような気もするが…Photo by iStock

小さな諍いはたいてい長期休暇

子供ができてから休日が楽しめなくなった。
小さな子供がいて共働きの家庭にとって、長期休暇は招かれざる客のようなものだ。

自由業は休暇中に仕事をせざるを得ない。休暇なのに仕事をしていることでパートナーに責められる。生活のリズムが崩れる。自分の時間がない。妻は、子供と夫という二人の男の面倒をみなければならない。夫は必ず妻の地雷を踏んで一度は喧嘩になる……などなど、想定される厄介が盛りだくさんである。
なにか小さな諍いが起きるのは、だいたい長期休暇か休みの日だ。

今年のGWは10連休。問題が起きるに決まっている。憂鬱だ。しかし、そんなことを言ってもしょうがない。前向きにGWを平穏に過ごす6つの作戦を考えてみた。

NEXT≫めろん考案「6つの秘策」