クールベ《石割り》1849-50年

狙いは「金」より凄い「世界初」地震研究者が金鉱深くで掘削するワケ

震源を直接観察して地震のルーツを探る
大深度金鉱山で掘削を続ける日本人がいる。しかし、彼らの目的は金の採掘ではない。地震の仕組みを解明するために、南アフリカの金鉱で研究を行っているのだ。日本からはるか1万4000kmの場所で繰り広げられる国際的研究プロジェクトの全貌に迫る。

地震を知るため、金鉱山を掘る

南アフリカ金鉱山、地下1~3kmの坑道付近で起きる地震の発生場所まで掘削する「南アDSeis(ディーサイス)計画(Drilling into Seismogenic zones of M2-5.5 earthquakes in South African goldmines)」が2017年6月に始まった。2018年6月に掘削が完了し、孔の検層調査も7月中に完了した。

南アフリカの金鉱金鉱を、掘る……?

計画はドイツに本拠を置く「国際陸上掘削科学プログラム(ICDP)」に採択され、日本が主導し、南アフリカ、スイス、アメリカ、ドイツ、インド、オーストラリア、イスラエルが参画する。この大規模な国際研究プロジェクトの中心でまとめ役を担っているのが立命館大学の小笠原宏だ。

小笠原は24年以上、南アフリカの金鉱山で地震の震源物理を研究し続けている。

小笠原宏(左から3人目、立命館大学理工学部教授)
研究テーマ:南アフリカ金鉱山の地震の震源での物理学の研究
専門分野:固体地球惑星物理学

南アフリカでは120年以上数多くの金鉱脈が掘り進められ、たくさんの空洞ができた結果、岩盤に大きなひずみが生じ、日常的に小規模の地震が発生している。

「自然の地震も岩盤に溜まったストレスによって起こると考えられていますが、自然地震を観測することは極めて困難です。一方、金鉱山の地下では震源の断層や岩盤の破壊の痕跡がそのままの姿で残されています。それらを調べれば、地震活動の発生や収束を決める要因を見つけ出せるかもしれません」と小笠原は語る。