撮影/佐藤圭
# 癒し # 動物

北海道に春を告げるメルヘンチックな花畑にたたずむエゾリス

北海道から毎日お届け中!

雪解けのあと真っ先に咲く春告げ花

わずか10日間ほどの期間限定花畑です

北海道の春の花の代表格、エゾエンゴサクとカタクリの群落に、エゾリスがたたずんでいました。

青い花がエゾエンゴサクで、ピンクの花はカタクリ。落葉樹の林の湿った地面で咲きます。

 

どちらも、雪解けのあと、真っ先に咲き始め、わずか10日間ほどで枯れてしまうので、「スプリング・エフェメラル(春の妖精)」と呼ばれています。

この写真のような満開の状態は、ほんの2、3日でしょうか。

まるで絵本から飛び出してきたようなメルヘンチックな光景です。

写真愛好家は、毎年、春の妖精たちが咲くのをワクワクしながら待ってます。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!