撮影/佐藤圭
# 癒し # 動物

モモンガボール!? 丸まって今晩のメニューを考え中

北海道から毎日お届け中!

ほぼ野球のボールサイズ

好みのエサは木の実、芽、葉っぱ

夕暮れの頃に、木の枝の上でボールのように丸まったエゾモモンガを見かけることがあります。

じっとして動かないので、まるで瞑想しているように見えます。

 

夜行性のモモンガは、これから食事の時間なので、「今夜のディナーは何にしようかな?」と考えているんでしょうか。

地上には天敵が多いので、モモンガが地上に降りることはめったにありません。エサを探すのも木の上でということになります。

夜中に木から木へ飛び回るので、猟師さんたちからは、「晩鳥(ばんどり)」と呼ばれていたそうです。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!