# 生態系・生物多様性

「カエルが鳴くと雨」「カメは万年」どこまでホントウ?

「動物にまつわる言い伝え」の科学
MOVE編集部 プロフィール

「カメは万年」……。本当にそんなに生きるの?

カメは長寿の象徴とされていますが、「万年」は生きません。

しかし、動物の中ではとても長生きで、ペットとして飼われることがある「アカミミガメ(ミドリガメ)」の寿命は、40年以上です。また、私たちの身近な川や池にすんでいる「クサガメ」の寿命は、60年以上です。

そのほか、「アメリカハコガメ」は100歳以上で、ワニガメは150歳以上です。

「ミドリガメ」として親しまれる「ミシシッピアカミミガメ」 Photo by iStock

世界一長生きなカメを探せ!

過去に記録された最高齢のカメは、「ガラパゴスゾウガメ」で、175歳です。

このガラパゴスゾウガメは、進化論で有名な博物学者チャールズ・ダーウィンが1835年にガラパゴス諸島から連れてかえったとされています。

その後、「ハリエット」と名づけられ、オーストラリアの動物園で2006年に亡くなるまで飼育されました。

ガラパゴスゾウガメ Photo by iStock

そのほかには、確かな記録ではないのですが、「アルダブラゾウガメ」で250歳以上という記録があります。

このカメは、1750年ごろにセーシェル諸島で捕獲され、「アドワイチャ」と名づけられて、長い間ペットとして飼育されていました。その後、インドの動物園で飼育されることになり、2006年に死亡するまで130年間飼育されました。

現在、最も長生きしているカメは、セーシェル諸島のバード島にすんでいる、「エスメラルダ」と名づけられた「アルダブラゾウガメ」です。

年齢は200歳以上と推定されていて、これが確かであれば、現在生きている動物の中で、世界最長寿です。

ご長寿のナゾ

今のところ、どうしてカメが長生きできるのか、解明されていません。

しかし、カメの生活と体のしくみに秘密があるようです。

カメの呼吸はゆっくりで、のんびりとした生活をします。冬眠しているカメは、心臓の動きもゆっくりです。

また、体温を一定に保つために、常に熱を生み出す必要がある私たちとは異なり、カメは気温が下がると体温が下がります。そして、活動するためにエネルギーが必要なときには、日光浴をして体温を上げます。

省エネルギーで活動できるのが、長生きの秘訣!? Photo by iStock

このように、省エネルギーで活動できることが、カメの長生きの秘訣なのかもしれません。

【「WebMOVE」はこちら】
【『講談社の動く図鑑 MOVE は虫類・両生類』詳細はこちら】