大気汚染物質を減らすと地球温暖化が進むという「不都合な真実」

「黒いすす」が温暖化を抑制する!?
サイエンスポータル プロフィール

これらを足し合わせると、結局のところ、黒いすすを減らしても、地球温暖化の抑制にはほとんどならないことがわかった。自動車や工場から出る黒いすすを減らせば空気もきれいになるし、地球温暖化の抑制にも大きく貢献できるというかつての単純なシナリオは、成立しないのだ。

竹村さんによると、考えうるさまざまな大気の反応をこのように取り入れて、黒いすすが気候の変化に与える影響を量的に求めたのは初めてなのだという。

このほか、硫酸塩のもとになる二酸化硫黄の排出を減らすと、地表に届く太陽光が増えて、地球温暖化が加速されてしまうこともわかった。

また、光化学スモッグなどの原因になる二酸化窒素を減らすと、大気中のメタンが分解される反応が進みにくくなり、大気中のメタンが増える。メタンは強力に大気を暖める気体なので、地球温暖化が進んでしまう。

さらに雲が事情を複雑にする。大気中を浮遊するこれらの大気汚染物質はエーロゾル(エアロゾル)とよばれ、その周りに大気中の水蒸気がくっついて水や氷の小さな粒になる。その集まりが雲だ。

雲ができると、太陽光は地面に届きにくくなる。その一方で、地面から放射される赤外線を吸収して大気を保温する働きもある。

雲のでき具合は、気候を大きく左右する。エーロゾルは、それ自身が太陽光を吸収や反射、散乱したりするだけでなく、雲の生成を通して気候に複雑な影響を与える。

大気汚染物質は、このように複雑な連鎖で地球の気候と関係している。

最近になって、その連鎖のしくみがかなり正確にわかってきた。さらに、コンピューターの性能も上がった。こうしたなかで進められた竹村さんらの研究により、この「不都合な真実」があきらかになってきた。

もし、石油や石炭などの化石燃料を現在のように使い続け、その際に、健康被害につながる黒いすす、硫酸塩、硝酸塩などをいっせいに取り除けば、このような大気汚染対策を取ったばかりに、地球温暖化を余計に進めてしまうことになる。

二酸化炭素は増え続けるので温暖化は進行し、そのうえ、地球を冷やす効果をもっていた大気汚染物質も取り除かれてしまうからだ。

大気汚染物質の最適な「調合」が必要

竹村さんらの研究は、今年度まで5年にわたって続いた環境省の研究プロジェクトとして進められた

今回の結果をもとに、研究プロジェクトの代表を務める宇宙航空研究開発機構地球観測研究センターの中島映至(てるゆき)特任教授は、「近未来の地球温暖化を抑制したいなら、大気汚染物質のどの成分を優先して削減するかを考える必要がある」という。

硫酸塩と硝酸塩は、減らしすぎると温暖化を進めてしまうので、削減はほどほどにしておく。黒いすすは徹底的に減らす。その実現のために、家庭の熱源にまきを使っている国や地域では、できるだけ電化を進める。もちろん二酸化炭素の排出は減らす必要があり、そのためには太陽光発電などの再生可能エネルギーを積極的に利用する。

地球温暖化対策は、「黒いすすを減らす」「硫酸塩も減らす」といった単線的な取り組みではなく、個々の削減量の最適な組み合わせを考える「調合」の段階に来ていると、中島さんはいう。

大気汚染物質を減らすと地球温暖化が進む。最新の科学があきらかにしたこの「不都合な真実」にどう対処していくかを決めるのは、科学ではなく社会であり、政治の仕事だ。

科学はその判断のための根拠を提供する。産業革命前からの気温の上昇を2度以下に抑えるというパリ協定の目標と、大気汚染による健康被害の軽減が両立しないなら、そのどこに着地点をみつけるのか。

短寿命気候汚染物質の議論がターゲットとすべきは、10年後、20年後の近未来だ。東京オリンピックが開かれる2020年のすぐ先の話なのだ。

お祭り騒ぎに浮かれているうちに「不都合な真実」を忘れてしまった。そんな不都合が起きないようにしたい。

サイエンスポータル」過去の関連記事:
・2019年1月25日オピニオン「2019年・気候変動とパリ協定長期成長戦略の展望―重要な国際会議相次ぎ、日本の役割も問われる年
・2019年1月21日ニュース「日本周辺の強い雨の激しさは、2040年には地球温暖化で早くも1割増しになる

関連記事