Photo by iStock

虐待を疑われ、1歳の息子と引き離されたある母親の悲劇

「疑い」は小学校入学後も晴れず…

子どもが1歳前後になると、つかまり立ちやよちよち歩きを始めるようになる。その成長ぶりは、親にとって、とても嬉しいものだ。しかし、この時期は、ふと目を離したすきの転倒や転落といった「不慮の事故」も起こりがちで、ときとして脳に出血をもたらすなど、重いけがを負うこともある。

乳幼児がこうしたケガを負うと、今の日本ではマニュアルに従って「乳幼児揺さぶられ症候群」と診断され、そばにいた大人が「虐待をしたのではないか?」と疑われてしまう。そして、子どもの安全を重視し、ほぼ強制的に親子分離の措置が取られることをご存じだろうか。

それがたとえ、転倒事故だったとしても、目撃者のいない密室での子育ての中で、「虐待ではない」と証明することは不可能に近いのだ。

ジャーナリストの柳原三佳氏は、近年、「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」を根拠として親子分離されたり、刑事訴追された事件を集中的に取材。その問題点と、無実を訴える家族の悲痛な叫びをまとめた『私は虐待していない ~検証 揺さぶられっ子症候群』を発表した。近年、無罪判決が相次いでいるものの、いまなお冤罪の疑いのあるケースが数多くみられるという。

後に、虐待ではないということが明らかになったとしても、「虐待親」と、「被虐待児」というレッテルを張られた事実と心の傷は、年月が経っても消えるものではない……1歳のわが子と突然引き離された一人の母親が、過酷な体験を語る。

全国で起こる「揺さぶられっ子事件」を取材し、その問題点をまとめた柳原三佳氏の新著

いまだ拭えない苦しみ

「これまでの人生で、あれほど辛い時間はありませんでした。この6年間、あまりに苦しくて、なかなか振り返ることができずにいましたが、今現在、揺さぶられ症候群を疑われて闘っている方々や、私と同じように子どもが帰宅してもなお、何年間も苦しみ続けている方々のために、私も勇気を持ってこの問題にもう一度向き合ってみようと思います」

そう語るのは、東京都の郊外に住む工藤玲子さん(36=仮名)です。

工藤さんの一人息子、直人くん(7)は今から6年前、生後1歳1か月のとき、頭部を2日連続で打撲し、数日後、硬膜下血腫を発症しました。

ところが、その症状から、児童相談所は母親の玲子さんによる「ゆさぶり虐待」を疑い、親子分離することを決定。直人君は約1ヵ月間の入院を経て、乳児院で一時保護されたというのです。

 

「一時は虐待を疑われたものの、私の場合は幸い逮捕されるようなことはなく、息子は約半年間後、自宅に戻されました。その後、おかげさまで心配された後遺症もなく成長し、昨年の4月から小学生になりました。

それでも、あの日以来、私たち家族はずっと不安を抱えながら過ごしており、いまだに先の見えないトンネルに迷い込んだような、辛く苦しい状況が続いています。

本当なら入学準備も楽しい気持ちでできたはずですが、あのような体験をして、この国があまりにも怖くなりました」

工藤さんと息子の直人くん

工藤さんは、当時の病院のカルテや児童相談所とのやり取りの記録のファイルを数年ぶりに取り出し、私に見せてくださいました。そこには、転倒直後から何度も病院を受診していたこと、また、けいれんなどの症状が出てから、直人くんの回復を懸命に祈る両親や祖父母の必死の思いが綴られていました。

なぜ、この家族が「虐待」を疑われることになったのか、そして、なぜ半年間も親子離れ離れでの暮らしを余儀なくされたのか……。

工藤さんにお話を伺いました。