歯周病が中高年の病気だと思っている人は少なくないはず。けれど実際はフラウ世代にとっても身近な病気で、気付かないうちに進行していることがほとんど! 他人事ではない、歯周病のお話。

教えてくれたのは……(50音順)
ユニゾン・デンタル・オフィス
麻生昌秀院長

東京歯科大学卒。歯科医院で13年勤務後、2004年に東京お茶の水歯科クリニック、2009年にユニゾン・デンタル・オフィス開院。

MMデンタルクリニック東京
勝山裕子院長

昭和大学歯学部卒。神奈川県川崎市の歯科医院で副院長として14年勤務後、2018年開業。

あすなろ小児歯科医院
佐野哲文副院長

明海大学歯学部大学院修了。テーマパークのような設備や演出で子どもたちに人気の歯科医院は、予防歯科の新しいカタチと話題。

田代歯科医院
田代浩史院長

東京医科歯科大学卒。同大学の大学院修了後、2003年開業。東京医科歯科大学のう蝕制御学非常勤講師。

みらい歯科 こども矯正歯科
中村好一院長

鹿児島大学歯学部卒。勤務医として歯科医院で9年勤務後、2009年開業。

NPO法人最先端のむし歯・歯周病予防を要求する会
西真紀子理事長

大阪大学歯学部卒。スウェーデン・マルメ大学(WHO共同センター)留学。アイルランド・コーク大学歯学部(WHO 共同センター)修士号・博士号取得。

歯を失う原因で
最も多いのは歯周病

厚生労働省歯科疾患実態調査(平成28年)

グラフで、60歳から急速に歯の本数が減っていることがわかります。60代以上の400名を対象としたアンケートでは失って後悔したもの第1位が歯という調査結果も……。

「歯を失う原因で一番多いのは歯周病。虫歯が原因の場合、抜歯は1本単位ですが、歯周病が原因の場合、複数の歯が同時に抜けることも多いためです」(田代歯科医院 田代先生)

※出典:アライン・テクノロジー・ジャパン
 

30代の8割が歯周病&予備軍

厚生労働省歯科疾患実態調査(平成28年)

30代の歯と歯ぐきの状態を調査した結果を表した円グラフ。「出血あり」は歯周ポケットの検査時の出血を意味し、歯石の沈着と合わせて歯周病の初期症状。進行すると見られる4㎜以上の歯周ポケットと合わせると、8割以上の人に歯周病を疑われる所見が見られます。

「歯周病は完治が難しく、定期的なメンテナンスで問題ないレベルを保っていくことになります。歯周病にも予防が重要です」(みらい歯科・こども矯正歯科 中村先生)
 

たばこで歯周病が
10年速く進行する!?

日本ヘルスケア歯科学会実態調査1(2014年初診患者)

喫煙者と非喫煙者の歯周病患者の比較。中等度以上の歯周病患者が、30代の喫煙者と40代の非喫煙者で同程度となっている上、同年代同士の比較では、いずれも喫煙者のほうが歯周病患者の割合が多く、40代ではほぼ10%差、50代では20%以上の差がありました。

「ニコチンは血管を収縮させ、菌と戦う白血球やリンパ球の働きを弱めます。抵抗力が下がるので歯周病が進行しやすいのです」(MMデンタルクリニック東京 勝山先生)