物心ついたときからほぼ毎日続けている歯磨きのこと、ちゃんと知っていますか? 健康な歯を失わないための正しい知識を、全国の信頼できる歯科医に教えてもらいました。口腔ケアの基本中の基本 “歯磨き” について、理解を深めましょう。

教えてくれたのは……(50音順)
ユニゾン・デンタル・オフィス
麻生昌秀院長

東京歯科大学卒。歯科医院で13年勤務後、2004年に東京お茶の水歯科クリニック、2009年にユニゾン・デンタル・オフィス開院。

MMデンタルクリニック東京
勝山裕子院長

昭和大学歯学部卒。神奈川県川崎市の歯科医院で副院長として14年勤務後、2018年開業。

あすなろ小児歯科医院
佐野哲文副院長

明海大学歯学部大学院修了。テーマパークのような設備や演出で子どもたちに人気の歯科医院は、予防歯科の新しいカタチと話題。

田代歯科医院
田代浩史院長

東京医科歯科大学卒。同大学の大学院修了後、2003年開業。東京医科歯科大学のう蝕制御学非常勤講師。

みらい歯科 こども矯正歯科
中村好一院長

鹿児島大学歯学部卒。勤務医として歯科医院で9年勤務後、2009年開業。

NPO法人最先端のむし歯・歯周病予防を要求する会
西真紀子理事長

大阪大学歯学部卒。スウェーデン・マルメ大学(WHO共同センター)留学。アイルランド・コーク大学歯学部(WHO 共同センター)修士号・博士号取得。

歯磨きの前に歯ブラシを
濡らさないのが常識

当たり前のように歯ブラシを濡らしてから歯磨きしていませんか? その習慣、今は推奨されていないんです。

「水分が多いと、歯磨き粉がよく泡立つため、短時間しか磨いていないのに磨けた気になりがちです。しっかり磨くために乾いた歯ブラシで磨き始めましょう」(田代歯科医院 田代先生)
 

ゆすぎは少量の水で1回だけ

歯磨き粉の味がしなくなるまでしっかりゆすぐと、せっかくの有効成分まで洗い流してしまうことに。

「目的によって歯磨き粉の種類はいろいろありますが、虫歯予防や知覚過敏予防などの薬効成分が含まれる歯磨き粉の場合は、口の中にその成分を残すために軽くゆすぐ程度がいいでしょう」(ユニゾン・デンタル・オフィス 麻生先生)
 

食後30分以内に
歯磨きをしないほうがいい……?

この説は「強い酸性の食品を飲食した直後は」という前提がつくのが正解。

「唾液には、食事によって酸性に傾いた口内を中性に戻す働きがあります。強い酸性の食品は歯のエナメル質をもろくするため、中性に戻ってから歯を磨くべきという説ですが、一般的な食事には当てはまりません。通常は食後すぐ歯磨きをして問題ありません」(ユニゾン・デンタル・オフィス 麻生先生)