Photo by gettyimages

新元号・令和に中国政府が見せた「微妙なリアクション」の真意

「ノーコメント」の裏には…

にじみ出る「悔しさ」

今週は、新しい元号の「令和(れいわ)」に沸いた1週間だった。私は、素晴らしい元号と思う。なにより、中国の漢籍に出典を求めず、日本の万葉集から選んだ点がいい。中国政府は言及を避けているが、内心、ガックリしているに違いない。

出典の万葉集には次の一文がある。「初春の令月にして、気淑く(きよく)風和ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披き(ひらき)、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす」。4月1日はまさに初春らしくキリッとして、風の穏やかな日だった。

この日はエイプリルフールだった。だが、今回ばかりは嘘や冗談にかまけずに、多くの人がテレビの生中継に釘付けになったのではないか。新天皇が即位する5月1日まで、マスコミも天皇と元号関連報道で盛り上がりそうだ。

 

日本だけでなく、海外でも関心は高かった。とりわけ、中国である。政府系新聞の『環球時報』は新元号の決定を「初めての脱中国」と速報した。ところが、同日午後になって「中国の影響を消し去ることができない」と、次のように修正した。

「ナショナリストの立場に立つ安倍晋三首相は『中国ではなく、日本の古典から初めて採用した』と述べた。ところが、日本の古典のように見られていても、万葉集は古代中国詩の表現法や様式、テーマから影響を受けていた」「万葉集は梅の花に関する118の歌を集めているが、それらは中国の影響を反映している」(http://www.globaltimes.cn/content/1144288.shtml

そのうえで「初めて中国の古典から命名しなかったのは、保守的な安倍政権の下で日本の政治的な懸念を反映している」「この選択は日本におけるナショナリズムと保守主義の台頭を示す。日本は独立した政治的パワーと他国に影響されない地位を求めている」という中国の学者のコメントを紹介した。

いかにも、中国の漢籍が採用されなかった悔しさがにじみ出ていて、むしろ微笑ましい。中国外務省はといえば、抑制的だ。副報道局長は記者会見で「日本の内政問題だ。コメントしない」としたうえで「中日関係を引き続き発展させる」と述べるにとどめた。

中国の漢籍を採用しなかったのは、元号そのものよりも、はるかに重要なポイントだ。

中国の皇帝は周辺国から貢ぎ物をいただく「朝貢」を国内支配の正統性を主張する根拠にしていた。「他国もオレに貢ぎ物を持ってくる。だから、オレが一番偉いのは当然だ」という理屈である(とはいえ、中国が与える返礼品は貢ぎ物の数倍以上の価値があったとされ、他国は返礼品欲しさにへりくだったふりをしていた、という説もある)。

中国から見れば、日本が中国由来の元号を使い続けているのは「日本も中国の従属国のようなもの」と上から視線で見下す格好の理由になる。もちろん、日本が中国の従属国であったことは一度もない。

今回、安倍首相が中国の漢籍を排して、史上初めて、日本の国書にして最古の歌集である万葉集から採用したのは、実に適切な判断だった。とりわけ、いまの中国が尖閣諸島を脅かしている現状で、あえて中国の漢籍を使う理由はどこにもない。

中国もそんな日本の空気は分かっている。本音は悔しいが、だからといって、反発すれば、日本の術中にはまってしまう。日中関係もとげとげしくなる。米国と貿易戦争を戦っている中、日本を敵に回したくない事情もある。それが「ノーコメント」の背景だ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら