撮影/佐藤圭
# 動物 # 癒し

まるで鳥のなる木! 珍しい渡り鳥・ベニヒワが、近所の木に鈴なりに

北海道から毎日お届け中!

ずっと撮りたかった、めったに会えない渡り鳥です!

あんなに探していたのに、「灯台下暗し」でした

ベニヒワはスズメの仲間で大きさもスズメくらい、おでこに赤いベレー帽をかぶったような斑紋があります。

渡り鳥で、毎年春に北海道を通過して北へ渡っていきますが、姿を見かけることはめったにありません。

 

僕も、ベニヒワの写真が撮りたくて、必死に日本海沿岸を探し回っていました。

そんなある日、近所の空き地に「やけにたくさんスズメがいるな~」と眺めていたのですが、よーく目を凝らしてみると、なんと! ベニヒワ!!

枯れたイタドリの枝に、ベニヒワたちが木の実のように鈴生りになっていました。

こんな近くにいたとは……! 「灯台下暗し」とは、このことですね。

数日、空き地で過ごした後、北へ渡って行きました。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!