深読み!新しいiPadが指し示すアップルが向かうたった1つの未来

「確実に勝てた」舞台からの業態転換へ

新型iPad miniから見える「アップルの変化」

アップルは3月末、新製品と新サービスを相次いで発表した。

新製品の中でも、特に注目すべきは「iPad mini」の新モデルだろう。電車内での利用などのニーズもあり、日本ではかねて人気の高い製品だったが、今年ついに、3年半ぶりのリニューアルが行われた。

【写真】「iPad mini」の新モデル
  新しいiPad mini。価格は4万5800円(税別)から

だが、アップルにとって、iPad miniのような「ニーズが見込めるハードウエア」をアップデートしていくビジネスは「変化の一部」にすぎない。

最も大きな変化は、ゲームや映像、雑誌といった「コンテンツへの向き合い方の変化」にこそ現れている。新製品であるiPad miniを実際に触りながら、アップルの変化がどういう意味をもっているのか考えてみたい。

「アジアでしか売れない」製品が復活した理由

iPad miniは、7.9インチのディスプレイを備えた「小型のiPad」である。ある意味では、この一言ですべての説明がすむ。

iPadの主流ラインは、9.7〜11インチのディスプレイを使ったモデルだが、いずれも470g前後と、片手でずっと持ち続けるには重いし、大きい。300g程度の重さで、よりコンパクトなiPad miniは、特に日本を中心としたアジア市場で支持を集めてきた。

【写真】iPad Proとの比較 外観
【写真】iPad Proとの比較 表示量
  iPad Pro(11インチ)と並べ、比べてみた。表示量は半分になるが、iPad miniなら片手でももちやすい

だが、逆にいえば、日本やアジアの一部でしか「売れなかった」製品でもある。紙の書類のほとんどがA4サイズに統一されているように、書き込みなどの作業をしたり、電子書籍等を読んだりするには、一定のサイズがあったほうが望ましい。

本体が薄型化・軽量化していくにつれ、欧米を中心としたマーケットでは「10インチクラスのiPadでいい」という声が主流となって、iPad miniは3年半もの長きにわたって、製品が更新されない状況が続いてきたのだ。

それが今春、突如としてリニューアルされた。しかも、「ほぼ最新の性能」を備えて、だ。

画面サイズこそ小さいものの、新しいiPad miniの性能は、同時に発表された「iPad Air(2019年モデル)」と同じである。さらに、アップルのペンデバイスであるApple Pencilにも対応している。

最上位機種であるiPad Proには性能面で劣るものの、こちらは最廉価モデルでも8万9800円(税別)もするハイエンドモデルだ。4万5800円(税別)〜で、これとかなり近い性能を有するのは、十分に満足すべきだろう。

ディスプレイ性能も、輝度を除けば、色再現性も含め、iPad Proのそれにかなり近い。

【写真】IPad Proとの比較 写真
  同じ写真をiPad Proとminiで表示して比較した。ディスプレイ性能がアップした新しいminiは、iPad Proにかなり近い表示性能となっており、写真も美しく表示される

じつのところ、従来のiPad miniは「小さい低価格モデル」という側面が強かった。同時期に、9.7インチサイズのiPadは、よりパワフルなプロセッサを搭載し、ディスプレイもより高品質化している。決して「安物買いの銭失い」というほど性能が低かったわけではないが、「価格重視モデル」であるのは厳然とした事実だった。

それが、「ほぼ最新・最高級のスペック」を備えた製品としてリニューアルされたのだから、iPad miniを待ち望んでいた人には文句のない製品になっている、と断言していい。実際に使用していても、まったくストレスのない快適な製品に仕上がっている。これなら、わずか1年で性能が急激に陳腐化して使えなくなる……などという事態は考えづらい。率直にいって、お買い得だ。