撮影/佐藤圭
# 動物

で、出たー!! 山親父(ヒグマ)が冬眠から目覚めました!

北海道から毎日お届け中!

一人っきりで山奥にいるときに


▲大きい写真で見たい方はこちらをクリック▲

絶対見たくない足跡

昨日は、エゾモモンガの巣を探しに一人で山へ入りました。

巣穴らしき木の穴を確認しながら、少しずつ山の奥へ。

それらしい穴があったら、モモンガの食痕や糞がないか、地面(雪面)を探します。

すると、目に飛び込んできたのは足跡。

「あれっ、こんなところに人の足跡が? ……こんな朝早く、こんな山奥で?」

近づいて確認すると……。

ヒグマの足跡でした!

まがまがしい爪の跡がくっきり残る足跡

「ゴクッ」――自分が生唾を飲み込む音がやけに大きく聞こえ、冷や汗がタラリ。

足跡は少し古いようで、ヒグマは3月中には起きていたようです。とはいえ、近くにいる可能性は十分あります。

周囲に目を配り、「おーい、おーい」と大声で叫びながら、ゆっくりゆっくり帰ってきました。

後で確認したら、携帯していた熊撃退スプレーは今月で消費期限切れ。もし、使うことになっても効かなかったかもしれません。

携帯していた熊撃退スプレー

これまで何度かヒグマに遭遇したことはありますが、冬眠明けでお腹をすかせたクマには会いたくないですね。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!