4月13日 喫茶店の日

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

「喫茶店の日」は、明治21年(1888年)の4月13日に東京・上野に日本初の喫茶店「可否茶館」が開業したことに由来します。パリのコーヒーを飲ませる店「カフェ」をまねたのが始まりで、日本で初めてコーヒーを一般に提供したお店といわれています。

コーヒー1杯の値段は1銭5厘で、そば1杯の値段の2倍もしたそうです。江戸時代に初めてコーヒーを飲んだ大田南畝(なんぽ 1749~1823年)は、「焦げ臭くて味わうに堪えず」と評していましたが、明治のこのころになると、日本人もコーヒーの味をおいしく感じられるようになっていたようですね。

【写真】コーヒーに癒されます
  至福の一杯に癒されます photo by iStock

 ちょっとコーヒーでも…と思った方に 

コーヒーの科学
「おいしさ」はどこで生まれるのか

コーヒーは苦いのになぜおいしいの? 自分好みのコーヒーはどうやって探せばいいの? コーヒー好きのあなたへ、豆、香り、味、効能を徹底科学した1冊です。 Amazonはこちら