翼竜にあらず! 前代未聞の「空飛び恐竜」その名前はわずか1文字!

恐竜大陸をゆく「奇翼龍」編!
安田 峰俊 プロフィール

この化石はニセモノではない

「この標本はあまりにも変わっていて、保存状態も悪かったから、私たちはずいぶん長い時間をかけてやっと、この(棒状の骨の)構造を確認したんだよ」

徐星は後日、「中国教育報」(2016年2月22日付け)紙上でこう話している。イは最終的に2015年5月に「ネイチャー」誌上で報告されたが、発表に先立って徐星たちが心配したのは、この変な骨をニセモノではないかと疑われてしまうことだった。

盗掘者から売り込まれる化石は、ときに貴重な標本に見せかける目的でいくつか別の化石を組み合わせて作られている場合もあるからである。

だが、イの化石は徐星のスタッフである丁暁慶がみずからクリーニングしており、捏造品である可能性はほとんどなかった。徐星たちはさらに、例の棒状の骨の化学組成も分析して、納得できる結果を得ていた。

加えて、イを売り込んできた河北省の化石ハンター・王建栄を見つけ出したうえ、彼がイを掘り出した採石場で現地調査をおこない、地層と年代も特定した(逆に言えば、中国で盗掘されてから博物館に売り込まれる化石には、正確な発掘場所や地質年代がよくわからなくなっているものも多いということである)。

イイの発掘現場(徐星らの「ネイチャー」掲載論文より)

こうして、前代未聞の変わり者飛行恐竜、イは世に出ることができたのであった。

前出の「COSMOS」記事によると、徐星はイの発見によって、同じように長い第3指を持っているスカンソリオプテリクスらについても、イと同じく皮膜をもっていたのではないかと考えているとのことである。

もっとも、イの皮膜が実際はどのくらいの面積を持っていたのかはまだわかっていない。皮膜が指先の部分だけで扇状に広がっていたのか、腕の付け根から広い範囲で付いていたのか(下画像参照)についても不明である。

イの羽イの翼と他の飛行する脊椎動物の翼との比較。a〜cがイの想像図(皮膜がどう付いていたか不明なので3パターンある)、dがコウモリ、eがハト、fが翼竜、gがムササビである(「ネイチャー」掲載論文より)

そうした事情もあるためか、メリーランド大学の古生物学者、トーマス・R・ホルツ・ジュニア(Thomas Holtz Jr)は、イの皮膜は必ずしも飛行用途だったとは限らず、求愛行動や他の種と自分たちを区別するためのディスプレイ用途で発達した可能性もあるというコメントを、2015年5月1日付けの「サイエンティフィック・アメリカン」誌上で述べている。