撮影/佐藤圭
# 動物 # 癒し

どれが目かわかります? ウズラの卵柄のオオセグロカモメのヒナです

北海道から毎日お届け中!

この模様だから天敵には見つかりにくいんだよ

卵からかえった順に大きくなります

北海道の日本海側ではよく見かけるオオセグロカモメのヒナたちです。

親の体は背と羽が黒く、あとは真っ白ですが、ヒナはウズラの卵柄です。

そのほうが、天敵に見つかりにくいからでしょう。

 

オオセグロカモメは1回に3、4個の卵を産みますが、体は生まれて来た順番に大きくなります。

早くかえったヒナのほうが力が強いため、エサをたくさん食べてしまうからです。

体の大きさは差が開く一方です。

巣立つまで観察を続けましたが、3羽とも立派な幼鳥になり巣立っていきました。

巣立つ頃には体の大きさも、みんな同じくらいになっていました。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!