「私たちが今本当に欲しいと思うヘルスケアが、スウェーデンにあるんです」そう語るのは、「#なんでないのプロジェクト」代表の福田和子さん。先日国際基督教大学を卒業したばかりの23歳の女性だ。

前回の連載第1回では、「きちんとした性教育を受けないで来た」衝撃から「日本の性についてきちんと考えよう」という、#なんでないのプロジェクトを始めたきっかけについて語ってもらった。

第2回では、女子大生のみならず、若い女性なら必ず思ったことがあるだろう「やっぱり行きにくい産婦人科問題」について、福田さんがスウェーデンで出会った若者にやさしいクリニックの話と合わせて、話を進めてみよう。

福田和子さん連載第1回「日本で生まれ育った女子大生が日本の避妊法の低レベルに驚愕した話」こちら

 スウェーデンでは当たり前、全土に250カ所以上!?

「ユースクリニックでは、小さすぎる・重要でない質問なんてありません。
全ての若者が当然の権利として無料で訪れることができる場所です。
対応スタッフの性別も選択できます」

これは、スウェーデンの『ユースクリニック』の公式サイトに掲載されている文章である。なんとも心強く励まされる一文ではないだろうか。

このユースクリニックは、スウェーデンにある医療機関で、 助産師、看護師、臨床心理士、産婦人科医などが待機し、対象年齢約13歳から25歳の若者が無料で訪れることのできる、「若者のためだけにあるクリニック」のことだ。スウェーデン全土に約250カ所を超える数が存在し、避妊具の提供や性感染症、妊娠に関するケアはもちろん、それ以外にも家庭や学校での悩み相談、アルコールとの付き合い方や摂食障害など、若者が抱えやすいこころ、からだの問題に幅広く対応している。

また、性的マイノリティに対する対応トレーニングを受けている職員も多く、ジェンダーに関する相談も可能だ。来訪は、必ずプライバシーとして尊重され、親も含め決して誰にも知られることはない。また、避妊具等も、緊急避妊薬含め18歳未満には基本無料、それ以上の年齢では地域毎に多少の差異はあるものの、無料、安価にもらうことができる。

スウェーデンの「ユースクリニック」の待合室。シンプルで居心地の良い雰囲気。撮影/福田和子

私はスウェーデンに留学していたとき、この施設の存在を知り、「日本にもほしい!」と思わずにはいられなかった。

日本の女子が直面する「どこなら安心して行ける?」

「ピルをはじめて使ってみようと思うんだけど、どこの産婦人科行けばいい?」

セクシュアルヘルスに関して発信しはじめて約1年、友人たちからもっとも多く受けた相談がこれだ。私は現在23歳、周囲の友人達は、産婦人科に生まれてこの方行ったことがなかったり、勇気を出して産婦人科に行ったものの、医師からネガティブな言葉を言われたりしている人も少なくない。そういった経験から結果、どこに行けば嫌な思いをせずに済むのか分からず、私に連絡をくれるのだ。

この記事を読むみなさんは、病院にかかる際、どんなためらいや不安を抱くだろうか。もちろん、なるべく腕のいい先生にかかりたい、痛い思いはしたくない、そう思うのはどこの病院に行くにせよ自然なことだ。しかし、産婦人科に関しては、歯医者や耳鼻科に行くのとは少し違う、「産婦人科ならではためらいや不安のハードル」があると、私は感じている。