〔PHOTO〕iStock

「アメリカの大学生はよく勉強する」は本当か? 実は3人に1人が…

トップスクールとそれ以外の「大格差」

アメリカの大学生は勤勉なのか?

米国の大学生はとてもよく勉強するのに、日本の大学はまるでレジャーランドのようで学生がしっかり勉強していない――そう考える日本の教育政策関係者がいる。

日本の大学がレジャーランドか否かは筆者の専門外なのでここでは論じないが、日本の学生と比較して米国の大学生はとてもよく勉強する、と断言してしまう姿勢には大きな問題がある。

たしかに、アイビーリーグや州立大学旗艦校に代表されるような米国のトップスクールの学生たちは驚くほどよく勉強しており、入学から4年以内に卒業する学生の割合は9割近くに及んでいる。

しかし、米国教育統計センターによると、米国のフルタイムの大学生が6年間で卒業する割合は60%程度に過ぎず、3人に1人は退学しているか、2年以上の留年を経験しており、お世辞にもとてもよく勉強しているとは言えない状況である。

つまり、米国の大学生はとてもよく勉強するのに……という言説はハーバード大学やコロンビア大学の公共政策大学院をはじめとする米国のトップスクールへ留学した教育政策関係者が見た米国大学教育に過ぎない。

筆者がいるミシガン州立大学のような圧倒的多数の大学生を収容する州立の2番手以降の大学などのそれは完全に無視されたものであり、留学帰りの歓迎会の話のネタなら笑って済ませられるが、教育政策議論として語られるべきものではない。

そこで本稿では、米国の大学教育について触れつつ、米国大学教育政策から現在日本で議論されている大学教育無償化について学べるヒントを紹介する。

〔PHOTO〕iStock

トップスクールの学生がよく勉強する一つの理由

先ほども言及したが、米国のトップスクールの学生はとても勤勉である。もちろん、なぜそのような大学の学生が勤勉であるのかは、就職や進学の際に大学の成績が重視されるなど様々な理由がある。

しかし、当時ハーバード大学の博士課程の学生であった著者が全米でもトップクラスのエリート寄宿制学校(高校)での2年間の調査で、なぜトップスクールの学生は勤勉なのかの一端を明らかにした『The Best of the Best』という教育エスノグラフィーの本があるので、ここではそれを紹介したい。

米国のトップスクールは、その費用の高さも目を見張るであろうが、卒業生からの多額の寄付金が集まり、さらにその運用益があるので、支払った学費以上に価値のある教育を受けられうる側面がある。

エリート寄宿制学校も同様に多額の寄付が集まるが、大学のようにそれを研究に使うことも無いので、潤沢な資金を使った素晴らしい教育が展開されている。

そのような学校に通う子供たちは、普通の子供たちが受けられない素晴らしい教育を自分が受けられるという特権をどのように解釈しているのであろうか?

 

もちろん、家庭教育で、生まれながらにして自分が特権にあずかるのは当然であると考えるようになる子供たちもいる。

しかし、少なくない数の入学生は、親の資産力により自分たちがこのような特権にあずかれるということに、戸惑いとも、葛藤とも、何とも表現しがたい感情を抱いている。

だが、そんな子供たちも、このエリート学校を卒業する頃には自分たちは特権にあずかるに相応しいと考えるようになる。入学時に抱いていた複雑な感情を抱くことなく、アイビーリーグに代表される米国のトップスクールへ勤勉な学生として入学していくのだ。

エリートスクールの在り方が、子供たちが、親の資産により受けられた特権を親の資産ではなく自分がそれに相応しいから受けられた特権だと勘違いないしは洗脳されて卒業していくプロセスに大きく影響している。

エリート寄宿制学校は、普段の授業や課外活動のようなフォーマルな教育活動だけでなく、寄宿制という普通の学校ではまずカバーされることが無いインフォーマルな部分でも様々な仕組みを用いることで、親の資産力ではなく自分たちが勤勉で優秀だから特権に値するという考えを植え付け、トップスクールへと卒業生を送り出していく。

トップスクールの学生が勤勉なのは、優秀な貧困層の学生にも奨学金を出すことで、貧富の差に拘わらず優秀な学生を集めているからだという反論もあり得るだろう。

もちろん、そのような学生も存在するが、それは極々少数にとどまる。例えば、ミシガン州立大学は州立の旗艦校ですらないものの、一応は世界のトップ100には入る大学である(と学内の研究助成金に申請する際に延々と書かされた)。

ここの学生に占めるトップ1%家庭出身の学生の割合は2.6%に過ぎないが、トップスクールのそれは20%近くにもなる(詳しいデータはNY Timesの記事ハーバード大学のプロジェクトを参照)。

たしかにトップスクールは制度的には貧富の差に拘わらず優秀な学生を集めるようになってはいるが、実態としてそれは意味を成すほどには運用されておらず、親の資産の影響力が圧倒的に大きいのである。

「米国の大学生はとてもよく勉強する」と日本に伝わってくる所の実情は、自分たちは勤勉で優秀だから特権に値すると洗脳された富裕層の学生たちが多く集まっているトップスクールに、日本の大学云々と論じている日本の「エリートたち」が留学して、それを見学してきたといったところであろう。

私の興味関心は教育政策を通じた貧困削減とより平等な社会の実現であり、具体的にどのような教育・仕組みを使えば、勤勉・優秀だから特権に相応しいと勘違いさせ、上から目線で国や社会を引っ張っていくエリートが作れるのか、という教育には興味が無い。

その詳細については別の識者に譲り、以下では平均的な米国の大学生像について議論を進めていく。