Photo by iStock

1972年、家族みんなで見ていたテレビ番組を懐かしむ

遠い昔の家族団欒

家のテレビはほぼつけっぱなし。ホームドラマから学園モノ、時代劇まで最高視聴率20%以上を獲得した連ドラは25本以上もあった。作る側にとっても、見る側にとっても幸福な時代だったに違いない。

10時間の生中継番組

1972年こそ、日本人がテレビをもっとも見た年かもしれない。

テレビの普及率が初めて90%を超えた'65年以降で、『NHK紅白歌合戦』の視聴率が一番高かったのが、この年である。なんと80.6%。

紅組のトップバッターは初出場を果たした天地真理『ひとりじゃないの』。同年に本土に復帰した沖縄出身の南沙織は、キャンディーズをバックダンサーにしたがえて、『純潔』を熱唱した。

さらに直前に生放送されて46.5%を記録した『輝く!日本レコード大賞』で大賞を受賞した名曲『喝采』をちあきなおみが歌いあげる。

一方、白組は野口五郎、沢田研二らが初出場。ゴールドに輝くジャケット姿で、『許されない愛』を歌う24歳のスリムなジュリーは眩しかった。

大トリは6年連続で昭和の歌姫、美空ひばり。『ある女の詩』をしみじみと聞かせた。ひばりが、特別出演('79年)以外で紅白に出場するのは、これが最後となった。

この年に放送されていたNHK朝ドラも今では考えられない高視聴率だった。4月に最終回を迎えた『繭子ひとり』(山口果林主演)が最高55.2%、その後番組である『藍より青く』(真木洋子主演)も、53.3%だった。期間平均視聴率は歴代の朝ドラのなかで、『おしん』に次いで、2位と3位だ。

元NHK放送文化研究所主任研究員で、次世代メディア研究所代表の鈴木祐司氏はこう解説する。

「この時代は、瞬間最高視聴率で50%を超えた番組も少なくありません。しかし'80年代以降はそのかぎりではない。なぜかと言えば、'70年代にはまだリモコンがなかったから。一回つけたチャンネルはなかなか変えなかった。

そのため、人気番組とそのほかの番組に二極化した。だから、『お化け番組』が誕生したんです」

 

日本史上でもっとも総世帯視聴率(調査対象の全世帯のなかでテレビをつけていた世帯の割合)が、高かった日は、昭和天皇の「大喪の礼」が行われた'89年2月24日、そして'72年の2月28日である。

この日は、『連合赤軍・あさま山荘事件』において、機動隊が突入した日だ。NHKがこの様子を生中継した報道特番は、午前9時40分から10時間40分という長時間におよんだが、平均視聴率は50.8%。

前出の鈴木氏が言う。

「瞬間最高視聴率は89.7%。長いテレビの歴史のなかで、もっとも刺激の強い番組だったと言えると思います。

私は中学1年生でした。その日は始業時間になっても、教師が教室に来ない。職員室に様子を見にいくと、先生たちは職員室にこもってテレビの前に釘付け。結果、その日は授業をやらなかったんです。

普段は厳格な教師たちが『いけー!』と声を出して興奮していた。子供ながらにも世紀の大事件なんだと思ったことをいまも覚えています」

元テレビプロデューサーで上智大学教授の碓井広義氏もこう思い返す。

「何かが起きるかもしれないから、ずっと見続けているというのは初めてのテレビ体験でした。同時に、生放送の力を実感させられました。自分も現場にいるような感覚があったんです。

忘れられないのが、あの鉄球のシーン。映画を見ているような不思議な感覚に襲われました。今思えば、全てをありのままに伝えてしまう怖さというものも孕んでいたと思います」