メラノサイト(色素細胞) Illustration by ROGER HARRIS / SCIENCE PHOTO LIBRARY

コスメ業界を一変させる大発見をした名研究員に訊く「美白の科学」

美白のカリスマ研究員がキャリアを語る
化粧品業界といえば、多くの理系学生が志望する人気業界。日々進化する化粧品の開発に携わることができたら……と夢見る人は多いのではないでしょうか?

このたびリケラボ編集部では、ポーラ・オルビスグループの研究・開発・製造を担うポーラ化成工業にスゴイ研究員さんがいらっしゃるとのウワサをキャッチ。突撃取材を敢行することに! 独自の観点で美白を追求し世界的な新発見をされた、本川智紀さんにお話をうかがうことができました!

本川さんは、美白に関する研究において世界的な学会で最優秀賞を受賞されたり、ポーラが誇る美白化粧品『ホワイトショット』の進化につながる発見をしてきたすごい人です。

本川さん! どうしたらすごい発見ができますか? 研究者としてどんなことを心がけていますか? 研究員になる前はどんな道を歩んできたのですか? 気になることを根掘り葉掘りお聞きしました!

常識を打ち破ってみたら大発見につながった

──本川さんは、美白研究の世界で知らない人はいないほどの第一人者でいらっしゃいますが、まずは、入社されてから現在までのお仕事について教えていただけますか?

ホワイトショット

入社してからこれまでの20年ほどで、大きくわけると3つの立場で仕事をしてきました。

1つ目は、基礎研究。シミの原因やメカニズムについてなど、主に美白に関する研究です。2つ目は商品の開発。基礎研究から得られた知見をもとに商品を作ります。私は、美白化粧品『ホワイトショット』を担当していました。3つ目は、世の中への発信。学会での発表のほか、たとえば取材や記者発表で商品についてお話しします。販売員の方に商品の性能や特徴を説明することもあります。

ホワイトショット
2018年2月に発売した『ホワイトショット CXS』

──幅広い領域に携わられてきたのですね。

そうですね、とくに発信の面では、うまくわかりやすい言葉にできないと、自分の考えが正しく伝わらなかったり、やってもらいたいことが進まなかったりします。そのため、「伝える」大切さや難しさは入社してから特に実感し、努力しました。

──シミのメカニズムの研究では、世界的な化粧品学会で最優秀賞を受賞されたすごい実績をお持ちですが、どんな発見をされたのか改めて教えていただけますか?

従来のシミの研究は、シミの原因であるメラニンを「作らせない」ことを目的に行われてきました。つまり、メラニンが「どうやってできるのか」といった点に着目されることが一般的だったんです。でも、視点を変えて研究を進めた結果、細胞の構造にフォーカスした新しい発見をすることができました。

もう少し詳しくお話ししますと、シミの原因となるメラニンは「メラノサイト」という細胞でつくられた後、周りに分配され皮膚中に蓄積していきます。そのため、「メラノサイトのメラニンを生成するしくみ」に着目することが美白研究の常識でした。

しかし、皮膚を3D的に俯瞰して眺めてみると、シミ部分においてメラノサイトからたくさんの手が伸びていたのです。ここからシミ形成に関わっているのは、メラノサイトから手が生えたように伸びている「デンドライト」という構造も重要であるという示唆が得られました。

その後の研究で、デンドライトの数の増加がシミの形成に重要なこと、およびこのデンドライトの数を増やす「アドレノメジュリン」という因子を見つけて、2012年に『IFSCC(国際化粧品技術者会)』で賞をもらうことができました。

──これまでの常識にとらわれない視点が大発見につながったのですね! ほかにも、従来とは違った視点で研究に取り組んだ結果得られた発見などはありますか?

たとえば、「セルフクリア機能」もそうですね。これは「ヒトが本来持つ力を引き出して美白につなげられるのでは」という視点のもと研究を進めて発見したもの。デンドライトによって受け渡され集まったメラニンが表皮細胞によって分解されるという、人間に備わった機能のことなんです。