日産は、なぜゴーン氏の「独裁的な振る舞い」を20年間も許したのか

井上久男『日産 vs. ゴーン』を読む
佐藤 優 プロフィール

ゴーン氏の力が強大になりすぎた

ゴーン氏の改革は成功し、倒産寸前だった日産は世界第2位の自動車会社連合に発展した。

〈ところが、ゴーンは驚くべき裏の顔を持っていた。公表されていた報酬の約2倍もの金額を実際には得る予定だったことや、18億円以上もの個人的な投資の評価損を一時的に会社に付け替えていたこと、会社の資金を個人的な利益のために流用していた疑いなどが、逮捕と同時に次々に明るみに出たのである。

Photo by gettyimages

倒産の瀬戸際から救って以来、約20年にわたってゴーンが支配してきた日産は、絶妙のタイミングで「社内調査」の結果を公表し、彼をトップの座から引きずりおろした。しかも、その尖兵となったのは、ゴーンが寵愛した「チルドレン」たちだったのである〉。

ゴーン氏の力が強大になりすぎた。

自力でゴーン氏を排除するには、激しい返り血を浴びることが必至で、状況によっては、返り討ちに遭うことを恐れた日産幹部は、検察を利用することを考えた。

ただし、これは西川社長が検察と連携して起こした単なる権力闘争ではなく、日産の企業文化と深く関係していると井上氏は主張する。

 

〈これは検察の力を借りた「クーデター」としての側面があったことは否定できない。だが、単純な権力交代劇としてゴーン逮捕を捉えては本質を見誤る。

日産の企業統治はある時期から取締役会が機能せず、ゴーンによる専制君主制のようなガバナンスに変わり果てていた。それはいったいなぜなのかを検証し、私たち自身で組織のあり方を省みる作業をしなければ、日本の企業は同じような過ちを繰り返すことになるだろう。

ヒントは「歴史」にある。

日産の創業以来の歴史を振り返ると、ほぼ20年周期で大きな内紛が起こっている。その都度、「独裁者」と呼ばれる権力者があらわれた。また、制御不能のモンスターと化した権力者を排除するために新たな権力者があらわれ、その権力者がまた制御不能のモンスターと化すこともあった〉

日産の創業者であった鮎川義介は、満州国建設の立て役者で、政商だった。鮎川財閥をモデルにし、映画にもなった五味川純平の小説『戦争と人間』を読むと、日産の社風がよくわかる。

〈日産は戦前の日産コンツェルンに源を発する。創業者・鮎川義介は岸信介ら政界と密接な関わりをもち、満州に進出した。

戦後は労働争議が長引き、労組との対立が先鋭化。会社側が画策して発足した御用労組から「日産の天皇」とまで呼ばれた塩路一郎が出現した。労組との融和路線を敷いた社長の川又克二と蜜月だった塩路は、会社を牛耳った。塩路が手に負えなくなった日産は、ゴーン追放で検察の力を借りたように、メディアの力を借りて塩路を放逐した。陰湿なやり口だった。

その塩路放逐の黒幕である石原俊がまた暴走し、社長時代に無謀な海外投資で借入金を増やした。しかも社内のライバルの追い落としのために、成功したブランドまでも潰して、名門企業を傾かせてしまった〉。

ゴーン事件に関しては、客観的に見れば日産の権力闘争に検察が利用されたのであるが、当事者である検察がそのような認識を持っていないことが滑稽だ。

『週刊現代』2019年4月6日号より

関連記事