*写真はすべて筆者撮影
# 飲食店

一流のビジネスマンを目指す君に贈る「はじめてのルノアール」攻略法

「最高のデビュー」を飾るために

「一流のビジネスマン」の条件をご存知でしょうか。豊かな経験? 鋭い観察眼? 圧倒的なリーダーシップ?……、パッと思い浮かぶのはそのあたりでしょう。

しかし、私は思います。一流のビジネスマンの条件とは「喫茶室ルノアールを自在に使いこなせること」だと。

喫茶室ルノアール(以下ルノアール)は、東京都心を中心に約100店舗を構える喫茶店チェーンです。大きめの駅のそばにはだいたいあるので、きっとあなたの職場や取引先の近くにもあるはずです。その魅力についてはこちらの記事をご覧ください。

今回は、この春めでたく新社会人になる皆さんに向けて、一流のビジネスマンになるための、つまりルノアールを使いこなすためのコツをお伝えします。

一流のビジネスマンがルノアールを好む理由

「ルノアールを使いこなすこと」と「一流のビジネスマンであること」は、一見無関係に思えるかもしれません。

 

しかし、一流のビジネスマンが備えている要素、つまり①仕事ができる②様々な方面の知識が豊富③時に冷静で、時に熱血④いつもスマート、といったすべてを養う場所として、ルノアールは最適なのです。

まさか、と思ったあなた、大丈夫です。私を信じてついてきてください。

この記事を読み終わる頃にはきっと、ルノアールに行きたくて仕方がなくなっているはずですから。

コンセントを制す者はビジネスを制す

社会人になると、出先で急にPCやタブレットで書類を確認したり、資料を作成したりしなければいけない時があります。スマホの充電をしたい時もあるでしょう。そんなときは迷わず最寄りのルノアールに駆け込みましょう。

なぜなら、そこにコンセントがあるから。

席を選ぶ際にまず確認したいのが、コンセントの位置です。ルノアールにコンセントがある場所は、大きく分けて2つ。「一人用ブース」「壁際」です。

特に一人用ブースは席ごとにコンセントが設置されているので、オフィスライクに作業をしたい時には最優先の選択肢になります。

また壁に沿って設置されているシートの足元には数席ごとに2口コンセントが設置されているので、予め確認した上で座るとよいでしょう。

超一流クラスになると、マルチタップを持参して隣席の客とコンセントの奪い合いを起こさないようにしています。「超一流の剣客は、相手が刀を抜く前に穏便に事を収めて無用の殺し合いを起こさない」といいますが、それと同じですね。

また、多くの店舗は「1坪1.5席ルール」に準拠しており、パーソナルスペースが広々しているため画面を覗かれる心配は少ないですが、念のため覗き見防止シートをディスプレイに貼っておきましょう。

いくらルノアールの安全性が高いとは言え、余計なリスクを限りなくゼロに近づける努力を怠らないのも一流の証です。

コンセントを使わない時は、あえてその席を座らずに必要な方に譲りましょう。こういったスマートさを養えるのもルノアールならではと言えます。