# マーケティング

なぜ企業は、自ら首を絞めるような「価格競争」に陥るのか?

「脱コモディティ化」に必要なもの
陰山 孔貴 プロフィール

コモディティ化を生じさせる3つの前提条件とは?

価格下落を生じさせるコモディティ化については、私の専門である「経営学」だけではなく、「経済学」の分野でも研究が行われています。

たとえば、ミクロ経済学においてはコモディティ化が生じる時は、以下の3つの条件が揃った時だという指摘がされています。

1.市場に多数の競合企業が存在する時
2.競合企業が代替的な製品・サービスの需要を満たすことが十分にできる時
3.競合企業が共謀して価格を維持しない時

価格が安くなりすぎないように現実社会の企業は競合企業間で価格に対して暗黙の共謀を行うことがあります。

また、1つの企業が産業全体の価格を決めるプライス・リーダーシップ(価格先導制)をとったりすることもあります。

 

コモディティ化が進展しやすい時代

ただ、このような試みも寡占状態(ある市場に少数の売り手しか存在しない状態)ならば成り立つこともありますが、市場において競合企業が多くなると、価格の維持は難しくなります。

特に近年はグローバル化の進展により、多くの市場において競合企業が多数存在する状況となっています。

この結果、競合企業間での価格に対する暗黙の共謀や価格をある特定の企業が決めるプライス・リーダーシップ(価格先導制)をとることがより難しくなっています。

他にも顧客を絞り、特別な価値を提供し続けることができれば、価格下落を防ぐことができる時もあります。

ただ、一定規模以上の大規模ビジネスの場合、企業間競争は多くの場合つきまといます。

そして、自身の市場を確保するためや事業規模を維持するために、競合企業に価格競争をしかけるという流れはよく見る構図です。

自分自身の首を絞めることになることはわかっていながらもやめられない。これがコモディティ化の実態です。

顧客はいつかどこかで満足してしまう

ここで、我々が理解しておかなければならない大切なことは「顧客はいつかどこかで満足してしまう」ということです。

photo by istock

はじめは、製品やサービスに不満を感じていても、やがて競合企業間で互いに切磋琢磨して顧客の声を取り入れることにより、製品やサービスのレベルは向上していきます。

そして、その結果オーバーシュートが生じ、多くの場合、価格競争に陥ります。