# 結婚

「アメリカでは、オンライン結婚が当たり前」にアラフォー女優が驚愕

海の向こうの婚活事情に驚きました
松下 恵 プロフィール

精子バンクに卵子凍結……はっきり言って私はそこまで考えたことはなかった。彼女の努力に比べたら、私の本気度は、全く足りなかったということに気付かされた。

子供ができてから、パートナーを探せばいいという発想も、よほど経済的に自信がなければできる決断ではない。

そんなとき、シャロンは、オンラインでデヴィッドと出会い、お互いに結婚の意思を確認しあったうえで、付き合い始めたのだとか。

 

もちろんデヴィッドもはじめはナーバスだったらしいが、家族を作りたいし、子供も欲しいという家庭的な人だったので、いいチームになったのだそうだ。

だから結婚したのは35歳、長男を産んだときは38歳だった。そして、3人目は、44歳で出産した。

シャロンが44歳のときに産んだ3番めのベビーと

「あなたが焦る気持ちは、本当によくわかる」

彼女はすごーく私の気持ちに寄り添ってくれた。

アメリカでは年齢を聞くことさえ失礼に当たるし、あまりプライベートな話はしたがらないのに。こんなに何もかも包み隠さず話してくれたことに感動した。

「本当に子供が欲しいなら、やれることは全部やったほうがいい。パートナーも本気で探せばいい」

オンラインで出会えば、何が欲しいか書いてあるのでわかりやすいし、アメリカにいた方が絶対モテると思うと言ってくれた。

ニューヨークやシカゴには、ある程度年齢がいったシングルの人はたくさんいるし、出会って6ヵ月で結婚することもある。お互いの欲しいものがわかっているから、つき合い始めてから結婚までは早いそうだ。

「仕事も結婚も子供も、一つもあきらめることはない」と彼女はきっぱりと言った。

そして最後にもうひとつアドバイスをくれた。

「知り合ってからデートして、女性がすぐに結婚か子供のことを言い出すと、男性は恐怖を感じて逃げるからね」

全世界共通だったんですね!