# 金銭教育

「10億円の使い方」でわかる!金持ちになれる人、なれない人の違い

お金のセンスと成功の秘訣
藤野 英人 プロフィール

「お金持ちになった人」のある共通点

さて、この質問のあとに私がいつも尋ねるのは、「それはお金がないとできませんか?」ということです。

 

もちろん、「お金がなければできないこと」も世の中にはたくさんあります。しかし多くの人が「10億円もらえたらやりたい」と考えていることは、実はお金が制約になっているわけではないことも少なくないのです。

たとえば10億円ものお金がなくても起業はできますし、好きな会社の株は少額ならいつでも買うことができます。困った人を助けるというのも、お金がなくてもできることはたくさんありそうです。旅に出るのも勉強するのも、「できない理由」はお金ではないでしょう。

こうして考えてみると、多くの人が「やりたいことができていない」のはお金が問題なのではなく、ただ最初の一歩を踏み出せないでいるだけなのかもしれません。

〔photo〕iStock

皆さんの中には、なんとなく「お金があったら幸せになれるのに」と考えている人もいるでしょう。しかし、お金は幸せを運んできてくれるわけではありません。幸せになるためには、「お金があるかどうか」よりも「どう生きるか」のほうがずっと大切です。

きれいごとのように聞こえるでしょうか? しかし、私がこのように考えるようになったのは理由があります。

ファンドマネジャーという仕事柄、私は起業家や経営者など「お金持ちになった人」に接する機会がたくさんあります。その際、生い立ちなどのバックグラウンドについて深く聞くことも少なくありません。

そこで気づいたのは、9割以上の人が貧しさという逆境を乗り越えてきているということでした。

編集部からのお知らせ!

関連記事