2019.03.26
# カーリング # オリンピック

カーリング界のキーマン・両角友佑が目指す「新たな道」

コーチと選手の二刀流へ
竹田 聡一郎 プロフィール

新チームは4人体勢に。弟・公佑もメンバー候補

―新チームについて聞かせてください。SC軽井沢クラブは現在、元平昌五輪メンバーの中では山口剛史選手だけが新チームで活動しているのですが、2チームになる可能性もありますか?

「それも含めて思案中です。どの形がチームにとっていちばんいいのか、また、可能性があるのか。しっかり考えて決めたいですね。ただ、新たに軽井沢に来てもらうメンバーに対しては、所属先であったり、勤務先であったり、そのあたりまで整える責任があると思っています。逆に言えば、代表選手ではない今の僕にできることはそれしかないので」

昨年5月のPACCトライアルを最後に、平昌五輪を共に戦ったSC軽井沢クラブのメンバーはそれぞれの道を選んだ

―気になる新チームのメンバー候補は?

「シーズンもひと段落したので、これから改めて何人か声をかけようと思っています。個人名は出しませんよ」

―たとえば、2月の日本選手権(札幌)で声をかけたりもしたんですか?

「それはさすがにしませんでした。ストーンチェックで忙しかったし、全日本はシーズンの集大成なので。国内の男子チームのほとんどは、全日本が終わってその結果で『じゃあ、来季どうしようか』とミーティングすると思うんです。その組み換えの時期を待って、声をかけていきます」

―日本選手権で準優勝という結果を出した弟の公佑選手についてはどうでしょう?

「もちろん彼も候補のひとりです。もうここまでしか話しませんよ。一緒にやるかどうかは別として、向こうの選手と周辺に迷惑をかけてしまう可能性もあるので」

メンバー候補の一人、弟の両角公佑。今季はチーム東京で日本選手権準優勝を果たした

―何人体制でいくつもりですか?

「これ以上、本当にもう言わないけれど、目指すのは4人体制ですね。世界のチームでも半分はまだ4人ですし。5人目がいるのはありがたいけれど、アイスに乗れないというはその選手の成長を妨げてしまう可能性もある。最低限のメンバー4人でまずは強い土台を作らないといけないと考えています。

いずれにしても一緒にやりたい人に、誰と誰と誰でチームを作ろうといま、声をかけています。環境を整える努力をしているけれど、どこまで進むかわからない。こっちのすべてのカードをさらして話をしないとフェアではないので、そのうえで、それぞれの判断に任せるしかないですね」

―焦りはありませんか?

「それがあんまりないんですよね。次の北京五輪までの最初の1年は過ぎてしまったことを考えると、あと1年で少なくとも世界選手権に出られる可能性があるチームを作らないといけない。いきなり結果が出るほど甘くはないですし、簡単ではないのも知っているつもりです。でも、焦ってもいいことは一つもないし、やれることをやっていくだけですね。少し悩んでいるのが、スポンサーさんに対するメリット説明をすることですかね」

―メリット説明とは?

「遠征や合宿、活動をサポートしてくれるスポンサーさんを探して、我々を支援していただくメリットを説明しながら、頭を下げてお願いしないといけない。でも、現状ではオリンピックに出られないというリスクも小さくない。今の状況で、この先には厳しい道のりが待っている。そんななか『絶対にオリンピックに出ます』と言うのは詐欺みたいなものなので、丁寧に正直に営業しないといけない。果たしてそれで納得してもらえるか。応援してもらえるか。そこに不安はあります」

関連記事

おすすめの記事