2019.04.02
# 不動産

マンション選びは「広い部屋」「新築」にこだわると失敗する

「物件選び」3つのポイント
三井 健太 プロフィール

「買い替え」を前提にしてみる

「我慢しろ、だって。とんでもない高いお金を投資して買うのです。渋々買うなんて。同じ買うなら夢のある買い物をしたいじゃないですか」。こんな声が飛んできそうです。その通りです。ここは考え方の問題です。

Photo by iStock

子供に個室を与えるのは何年先か考えてみましょう。それまでは2LDKでも十分のはずです。2LDKなら、子供部屋と夫婦の寝室の2つの寝室があれば間に合うとは言えないでしょうか? 幼児のうちは2LDKなら、ひと部屋は余ってしまいます。まさに、子供に個室を与えるときが来るから、そのときのために2LDKを選んだということになりませんか?

二人目ができたら困る。そうですね。でも、一人目が個室を欲しがるのは何年後でしょうか? しかし、その後二人目がすぐ追いかけて来るので、もう一部屋必要になるかもしれません。その時が来たら、いよいよ手狭になるでしょうね。兄弟が一緒の部屋は嫌だと言い出すかもしれませんからね。

そうなったときに買い替えればいいのです。お子さんの年齢にもよるでしょうが、まだ生まれたばかりなら10年は住めるはずです。

この買い替えを実現させやすいのは、立地の良さです。立地を優先し、面積条件を落とすのです。これは「あの街に住みたい」というアドレスを求める人にも当てはまる解決策です。

新築にこだわりを持ち続ける人は、2LDKでも予算オーバーという場合があります。この場合はどうすればいいのでしょうか? 答えは、もうお分かりのように中古マンションも候補にするということです。ただし、新築志向が強かった人ほど、「できるだけ築浅の物件を」と思いがちなので、ここが肝心です。

 

築浅の中古は人気で、思ったほど安くないことに気付きます。品数も少ないのです。そこで、築浅というこだわりを捨てることが必要になって来ます。

仕方なく徐々に築年数の古い中古へと、選択の幅が広がって行きますが、基本はそれでいいのです。

新築マンションは数が減り、買いたい場所に身の丈に合った価格で分譲されることは少なくなってしまいました。

いくら待っても出て来ない、そう思って間違いはないのです。そうなると、中古を選択肢に加えざるを得ません。

新しい家に住みたい人も、あきらめざるをえないかもしれません。どうしても新しい部屋で暮らしたい人は、リフォームして自分好みに作りかえるほかないのです。

大掛かりなリフォームは予算も増えてしまうので、壁紙を替えるだけとか、ガス台だけ交換する、トイレを最新式のタイプに交換するといった部分リフォームにすればいいのです。それでも満足できることは少なくありません。

部分リフォームでは、古い設備が残るという問題もありそうですが、中古でも新築に負けない設備が装備されているものがあります。何より、中古マンションの方が間取りの良い物件が多いのです。

SPONSORED