Photo by iStock
# ビジネススキル # スポーツ

野村克也氏が「野球は考えるスポーツ」だと断言するワケ

ひらめきは突然生まれない
データにもとづいた野球理論を駆使し、ヤクルト、阪神、楽天といった弱小球団を優勝に導いた名将・野村克也。勝利の秘密は、みずから取っていた膨大な「メモ」にあるという。著書『野村メモ』は、野村流「メモの極意」を初めて公開した一冊だ。監督時代、奇策「ギャンブルスタート」で相手チームをあっと言わせた野村氏。しかし、野村氏は「当たり前の作戦だ」と言う。一体、どういうことか? 本人に当時を振り返ってもらった。

大切なのは気づきの積み重ね

監督として指揮を執っていた頃、私は突拍子もない奇策を用いて相手チームを驚かせることがたびたびあった。でも、それは相手から見れば「奇策」だったかもしれないが、私にとっては用いて当然の、至極当たり前の作戦に過ぎなかった。

Photo by iStock

例えば、ヤクルト時代に行なっていた作戦に「ギャンブルスタート」というものがあった。盗塁する際、普通なら投手の足が上がった時(足を打者方向に踏み出した時)にスタートを切るのがセオリーだが、私たちはそれを無視し、投手が投球動作に入った瞬間にスタートを切った。

いわば「見切り発車」のようなもので、傍から見れば一か八かのまさに「ギャンブルスタート」である。

しかし、この「ギャンブルスタート」がかなりの高確率で成功した。実は、私たちは事前に投手のクセを見抜き、「この投手は2回、ファーストに視線を送ったら牽制はしてこない」とか「この投手は2球続けて牽制はしてこない」といったデータを収集していた。

つまり、ヤクルトにとっての「ギャンブルスタート」はギャンブルでも何でもなく、データに基づいて成功するための方法を弾き出した「根拠のあるスタート」だったのだ。

他から見れば奇策と思えるような策を多用していたからか、私は常に突拍子もない作戦を使ってくる「策士」と思われていたようだ。だが、私はその瞬間にひらめいた策を気ままに用いていたわけでは決してない。

 

みなさんは「ひらめき」といったものはある日突然、パッと思い浮かぶようなものだと思っているかもしれないが、先述した「ギャンブルスタート」にしてもその場で思いついた策ではなく、蓄積されたデータをもとに練られた策である。

ひらめきは、それまでに得た知恵や知識、情報といったものがベースになければ決して生まれてこない発想だ。

監督をしていた頃は、それこそ四六時中、車を運転している時も、風呂に入っている時も、野球のことばかり考えていた。新たに得た情報、ふと気づいた事柄があれば残さずメモし、ノートにまとめてデータとして蓄積した。

そんな毎日を続けていると、ある時ふと「あ、こんな作戦も使えるな」とか「あの投手はこうやれば攻略できる」といった新たなプランがひらめくのである。

「気分転換をしたら、パッとひらめいた」などということも確かにあるが、「ひらめき」を生む大切な要素は「気分転換」ではなく、「日々の気づきの積み重ね」である。