〔PHOTO〕iStock

ドイツの医療制度、日本と比べたら雲泥の差だった

世界水準からみれば悪くないけれど…

2種類の医療保険

ドイツは日本と同じく国民皆保険の国だ。そして、医療保険には、「法定強制保険」と「プライベート保険」の2種類がある。

ドイツで住むからには、外国人であれ、失業者であれ、留学生であれ、全員、医療保険に入らなければならない。国民の9割が、法定強制保険に加盟している。

法定強制保険を提供している保険会社は100ぐらいあるが、システムは統一されている。掛け金は、収入が多ければ高く、少なければ低くなり、年齢や健康状態や家族構成は問われない。

法定強制保険といっても、あくまでも民間の保険会社の商品なので、掛け金やサービスは各社、若干の差がある。とはいえ元々の枠組みが同じなので、それほど大きく違うわけではなく、どちらかといえば、保険会社同士の健全な競争を促すための措置である。

 

一方、プライベート保険というのは、やはり民間の保険会社が提供しているが、ある程度の収入がなければ入れない(2018年の場合、月収が4950ユーロ〈約64万円〉以上)。

加入の際には、健康診断など少々面倒な手続きが必要だが、加入時の掛け金が安く設定してあるため、若い独身者にはこちらの方が法定強制保険よりも割安になる。ただし、掛け金は年齢とともに値上がりしていく。

自営業者は保険料の半額を事業主に払ってもらえるわけではないので、当然、プライベート保険を選ぶ傾向が強い。また、公務員も、医療費は全額国が支払ってくれるため、ほぼ100%プライベート保険に入っている。

日本にも、誰でも加入できる「国民健康保険」と、中小企業の従業員のための「協会けんぽ」、そして、かなりの大企業の従業員が加入している「組合保険」があり、サービスの中身に多少の差があるが、ドイツの法定強制保険とプライベート保険の差は、そんなに生易しいものではない。昔はそうでもなかったが、今では、それこそ天と地ほどの差ができてしまった。

では、それはどのような差か?

〔PHOTO〕gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら