ここ数年で耳に付くようになった「パパ活」「ママ活」という言葉。パパ活ではおじさんが若い女性に、ママ活ではおばさんが若い男性に、食事などをして一緒に過ごした対価としてお金を払う。若者のお小遣い稼ぎとして密かに支持される反面、援助交際の温床と問題視もされている。

いったいどんな世界が広がっているのか。今年ラスト20代の筆者は、若くもなければ他人を養えるお金もない。つまりパパ活もママ活もどちらもキツイ。だが、パパ活をやってみるなら年齢的にラストチャンスだし、29歳でもパパ活ママ活は成立するのか試してみたい。そういうわけで、私はアプリをダウンロードしてみた。

アプリは身分証による年齢確認が必須のため、年齢をごまかすことはできない。正々堂々と29歳と登録し、どちらのアプリのプロフィールにも同じ、無難な顔写真を選んだ。参考までに私の外見をお伝えしておくと、いきものがかりのボーカルに似ていると言われる。

ママ活とパパ活の「29歳女の需要」の差に愕然

アプリを開けば登録者の写真がずらりと並ぶ。パパ活アプリは4、50代の男性が中心だが、案外筆者と同い年くらいの人もいれば、70代の人もいる。新橋のサラリーマンというよりは、六本木や西麻布にいそうなおじさまたちが目立ち、年収は1000万円以上の人ばかりだ。

パパ活アプリを眺めたあとにママ活アプリを覗くと、“若さの凄味”というものを改めて痛感する。おじさんが一人もいない若者の世界はなんというか、絵面がキレイなのだ。ママ活アプリは男子大学生限定となっていて、見た目に自信がありそうなモデル系男子だけでなく、素朴な理系男子も少なくない印象だ。

一日も経たないうちにママ活アプリはメッセージが殺到していた。一瞬モテた気分になったが、中身をみると餌を求めてピーチクパーチク騒ぐヒヨコに囲まれただけとわかる。

プロフィールに中高男子校と書かれたT大生(19歳)は「年上の人と女性経験を積みたいです」と率直に目的を明かし、スポーツマンのC大生(20歳)は「友達に貸した7万円が返ってこなくて困ってます」という詐欺まがいの誘いをしてくる。アニメ鑑賞が趣味というオタク面のD大生(22歳)は「3万円いただけると嬉しいです」と妙に強気だった。とはいえ、「まずは食事に行けたら嬉しいです!」という(少なくとも表面上は)普通のお誘いがほとんどだ。

3万を提示してきた強気な大学生

一方でパパ活アプリはというと、待てど暮らせどメッセージが一向に来ない。年齢的に不利なのは自覚していたが、さすがに1カ月以上経っても1件も来ないというのはショックだ。しかたがないので、私からオジサマたちへ「いいね」を送った。「一応20代だし」と驕っていたのを、調子に乗るなとたしなめられた気分だった。

やっとの思いでもらったパパ活メッセージには、「大人の関係ありで3」という余計な一言がついて回った。性的な関係を結べば3万円を払うという。やはり、パパ活は売春行為の場になっていることを思い知る。いや、年齢的に体を差し出さなければ会うに値しないということなのかもしれない。自分の市場価値に再び落胆するも、奇跡的なオジサマが現れた。

こんばんは! やっと週末、ちょっと疲れたなぁ。××ちゃんはどうですか?

シゲさんとのやりとり

唯一普通のメッセージを送ってくれたシゲさん(仮名・58歳)。顔写真はカフェのマスターでもやっていそうな穏やかな印象で、プロフィールには「バツイチ歴20年」「年収2000万円」「お気に入りの女性と楽しく過ごせたら嬉しいなぁ」とある。まともに相手にしてもらえなかっただけに、こんな年増女を選んでくれてありがとう……と心の中でつぶやいていた。救世主が現れた思いだった。

しばらくメッセージのやりとりをしていると、ママ活では「今日は授業でした~」と“授業”という響きに懐かしさを感じ、片やパパ活では「今日は人間ドックです!」と来るもんだから、年齢のギャップが垣間見えて面白い。