「A判定でも落ちる…」今年も私大入試の難化が止まらなかったワケ

背景に、受験事情の変化アリ

2019年の大学入試の結果がほぼ出揃った。ここ数年、私立大学の難化が指摘されているが、「今年もさらに難化した」との声が教育関係者から上がっている。

難化の背景には、文部科学省が進める「入学定員管理の厳格化」がある。大学が定員を大幅に超過して入学させた場合は「私立大学等経常費補助金」を交付しないとして、この超過率の基準を2016年から段階的に引き下げてきた。

ただ、2019年は前年と同じ基準だったため、今年は難化に歯止めがかかるのではと期待されていた。しかし、結果的には受験生にとっては厳しい状況が生まれたという。その原因を取材した。

 

「A判定」でも受からない

大学入試がほぼ終わりを迎えた3月中旬、東京の某中堅私立高校からは、こんな声が聞こえてきた。

「今年は志望校に受からないばかりか、大手予備校の模試でA判定が出ていた大学にも全く受からないケースが続出しました。私立大学の文系学部の難化はこれまで経験したことがないほどで、大変なショックを受けています。難関大学に限らず、全体的に私立大学が難化しているのではないでしょうか」

入学定員管理の厳格化も一段落し、今年は去年ほどの難化は見られないのでは、とこの学校は考えていた。補助金が不交付となる超過率の基準は去年と同じ「大規模大学は定員の1.1倍、収容定員が4000人から8000人の中規模大学は1.2倍」。各大学は毎年合格者を減らしてきたが、今年は昨年並みの水準だろうと予想していた。

実際、早稲田大と慶応義塾大の合格者はほぼ昨年並みで、上智大は合格者数を増やした。志願者数は3大学とも減少している。受験生が難関校の受験自体を避ける傾向にあったようだ。

「MARCH」と呼ばれる明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大でも、法政大以外は合格者数を昨年よりも増やした。志願者は2学部を新設した中央大以外は減少。こうした傾向だけをみれば、昨年より入りやすくなったと思うかもしれない。

にもかかわらず、受験生や関係者が、今年の私立大学の文系学部は全般的に難化したと感じる原因はどこにあるのか。

大学入試に関する調査・研究や情報提供を行なっている大学通信の安田賢治常務は、「受験生の安全志向がさらに強まったため」と指摘する。

MARCHにトップ進学校から大量の合格者

安全志向がさらに強まったと安田常務が指摘するのには、主に2つの理由がある。1つは、特にMARCHに多くの合格者を出した高校に、これまでは見られなかった進学校の名前が現れていることだ。

例えば、埼玉の県立高校の浦和高校と浦和第一女子高校。両校は、これまでMARCHの合格者はそれほど多くはなかった。それが、大学通信の集計によると、浦和高校は合格者を125人増やして401人。明治大学の合格者数の全国トップに立った。浦和第一女子高校もMARCH全体で合格者を151人増やして418人になり、MARCH全体の合格者で4位、立教大学の合格者数は全国トップに立っている。

浦和高校は東京大にも多数合格者を出す、埼玉県トップの進学校。浦和第一女子高校も早稲田大、慶応大、上智大に毎年多数の合格者を出す学校だ。

つまり、近年の私立大学の難化を受けて、こうしたトップクラスの高校の生徒も「すべり止め」で受ける大学を増やしたため、MARCHで大量の合格者を出した、と言えるのだ。

その傾向が全体に表れているのか、いわゆる「日東駒専」の難易度も上がっている。昨年まで合格圏だった偏差値の受験生は、今年は厳しい結果になったという。東洋大、駒澤大、専修大では志願者数も増えた。日本大はアメフト部による危険タックル問題とその後の対応に批判が集まったため、昨年より1万4000人以上志願者を減らしたが、入りやすくなったわけではなかった。

難化は「日東駒専」にとどまらない。偏差値50以下の大学でも志願者が増えている。安全志向が顕著になって、以前よりもすべり止めの大学を受けるようになり、その結果、どの偏差値帯でも、簡単に受かるという状況ではなくなっているのだ。