ライターの上條まゆみさんは、長年結婚や離婚の取材をしてきた。結婚と離婚は本人同士の繊細な問題だ。第三者が「どちらが正しい」と簡単に言い切ることは難しいだろう。

そんな中、上條さんが多く出会ったのは「子どもがいる」ことで離婚に踏み切れなかったり、つらさを抱えていたりする人の多さだ。そこからどうやったら光が見えるのかを探るために、具体的な例をルポしていく。

今回は「子どものために離婚をしない」という千賀子さん(仮名・40歳)。 

あざになるまで殴られた夜のこと

「あの日、夫はいきなり激昂し、私の肩や背中をグーで殴りつけました。そして、玄関から私と娘を追い出しました」
 
黒いタイトスカートに黒タイツ、歩きやすそうなウオーキングシューズ、といういでたちで、峰千賀子さん(仮名・40歳)は待ち合わせ場所に現れた。肩までの長さの黒髪のボブヘアにべっ甲縁のメガネ、化粧も薄く、真面目そうな印象である。千賀子さんは、3年半前のできごとを淡々と語った。

「日にちまではっきり覚えています。忘れもしない、晩秋の夜。私は夫と、保育園児だった娘と3人で夕ごはんを食べていました。そうしたら、夫が『2人目の子どもが欲しい』と口にしました。私は『うーん……』と渋りました。それが気に入らなかったみたい。なんだ! 俺の言うことが聞けないのか! と怒鳴り始めたのです」

夫が手をあげたのは、それが初めてではない。肉体的な暴力は年に1~2回だったが、言葉の暴力は日常茶飯事。正社員の仕事を辞め、派遣社員として働いていた千賀子さんを「お前は仕事も家事も育児もできないダメ人間だ」と罵る。

寒空に叩き出された千賀子さん母娘は、とりあえず近くのビジネスホテルに宿を取った。翌朝、区役所に相談に行き、あざのできた肩を見せると、すぐさま別居を勧められた。

預金を下ろして娘との「生活」

「数日後、荷物を取りに行くためにいったん、家に戻りました。そうしたら、夫が大声で『なぜ戻ってきた!』と。怖がって私に抱きついた娘を夫は引き離そうとしましたが、私は必死で抱っこして、そのまま裸足で逃げ出しました」

警察に電話して、出向いて説得してもらい、千賀子さんと娘のコートとバッグ、靴だけは取り戻した。しかし、着替えや身のまわりのもの、貯金通帳など大事なものは持ち出せなかった。

手持ちのキャッシュカードで引き出せたお金は、80万円ほど。家賃5万5千円の小さな部屋を借り、娘と2人で暮らし始めた。まずは落ち着いたかと思いきや、悲劇はここからだった。

ひと月ほど経ち、千賀子さんの元に書面が届いた。離婚については触れられておらず、とりあえず娘の生活費として月8万円を払う、その代わり、娘に会わせてほしい、と書いてあった。

「夫は娘を可愛がっていたし、私も娘から父親を奪うつもりはなかった。だから、その提案を受け入れました。話し合いの末、平日は私の家、土日は父親の家で過ごさせることにしたのです」

しかし、約束はほんの数回目で破られた。父親と週末を過ごした娘を千賀子さんが迎えに行くと、2人は約束の場所に来なかった。