# 世界経済

中央銀行の予測で騒ぐ人たち…優秀な人たちを盲信してはいけない

後追いの情報に過剰な反応は無用

短絡的な判断をしてしまう東京市場

photo by istock

欧州中央銀行(ECB)は3月7日の理事会で、2019年のユーロ圏の経済成長率見通しを引き下げ、年内の利上げを断念した。

世界景気減速の懸念が改めて高まり、米国ではダウ平均が3週ぶりの安値まで売られるなど欧米市場が全面安。これを受けて日本株も大幅続落で始まった。

 

もうこの時点で、私は嘆息していた。

何度も見た光景だ。

東京市場は何も考えていないひとたちの集まりだから、何も考えない機械(プログラムされているだけで考えない)と、米国雇用統計と3月決算を控えて動けない本邦機関投資家の足元を見透かした短期の投機筋の売りで一方的に下げが拡大していく。