話題の「二つ折りスマホ」が普及しないと言えるたった1つの理由

「5G」時代の切り札は別にある
西田 宗千佳 プロフィール

「それでもつくらねばならない」たった1つの理由

もちろん、ここで指摘したような課題については、メーカー側も十分に理解している。短期的にいえば、二つ折りスマホがニッチな存在にすぎないことをわかったうえで、あえて開発しているのである。

それはなぜか?

スマートフォン市場は、踊り場に差し掛かっている。販売台数は頭打ちで、新奇性も打ち出しづらくなった。

だからこそ、時期尚早でニッチとわかっていても、あえて市場に問う、というやり方をしているのだ。それは、決して悪いことではない。とにかくトライしなければ、今より先には進めないからだ。

一方で、「用途を開拓する前に、製品を出そうとしてしまっている」傾向にあることも否めない。

二つ折りのような大画面スマホの用途について、ファーウェイは「5G時代に備えて」とコメントしている。

【写真】5G時代の到来を掲げるファーウェイのブース

ファーウェイは、「5G時代に備えて」二つ折りのような大画面スマホを市場に問うたのだろうか photo by gettyimages

「5Gが普及を後押し」を疑う

日本では5Gに関して、今年後半に地域・時期限定のプレサービスが、2020年に本サービスが開始される予定になっている。

しかし、欧米や中国、韓国では、すでに一部地域でサービスが始まっており、2019年こそが「5G元年」である。

5Gでは、現在の4Gに比べて通信速度が大幅に速くなる。条件が良ければ、数Gbpsといった速度も可能だ。

高速通信が増えれば、それだけ動画などの出番も増える。動画が増えるなら画面は大きく……、というのがファーウェイの主張の根拠である。HUAWEI Mate Xは5Gでの通信機能も内蔵しており、それが価格を押し上げる一因ともなっている。

だが、この主張にはさほど妥当性がない。

すでに述べたように、動画を表示したとき、現在の二つ折りスマホでは余白が大きくなり、せっかくの大画面をうまく活用できない。データ量の大きい動画は確かに通信速度を必要とするが、動画配信サービスなどで現在流通しているコンテンツ程度の容量ならば、4Gでもそこまで大きな問題はない。

もちろん、通信速度の向上にともなって「データ容量あたりの単価」は下がるので、動画をより使いやすくはなるだろう。だが、「5Gでないと困る」ほどか、と言われれば、そうではないのが実情だ。