# 採用

「履歴書不要」でパート・アルバイトの応募が殺到した牛乳屋さんの話

人手不足はこうして解消!
平賀 充記 プロフィール

求人広告の写真はこんなに重要

最後に、求人広告における“神ワザ”についても少し触れておきましょう。

1分間で相手に伝えられる情報量は、文字であれば300字といわれています。

Photo by iStock

一方で、図版、絵、写真といった画像は、1分間に2000字分もの情報を伝えることができるといわれています。画像には、文字情報の約7倍の情報伝達力があるのです。

また、画像情報を送信する技術も日々進化してきました。最初のカメラ付携帯が発売されたのが1999年。今の若者は生まれながらにビジュアルでのコミュニケーションで育ってきた世代です。

彼らは、文章の代わりにスタンプでコミュニケーションをとるのが当たり前。インスタグラムがここまで支持されるのも、ビジュアル全盛時代だからこそです。

ここでは、求人広告におけるビジュアルの活用法について触れてみましょう。

どういったビジュアルを使うかによって応募数が大きく変わってくるのです。

求人を出す際のビジュアル選びにおいて極めて重要なポイントは、キレイさではなくリアルさだということです。

求人広告は美しさを競うものではありません。応募する側はその職場をイメージしようと必死なわけです。職場のイメージをよりよく見せようとして、かっこいいフリー画像を掲載したとしても、求職者に届く情報はゼロ。それよりも職場の雰囲気が伝わるリアルな写真を使用すべきなのです。

 

ある新聞専売所は、新聞名のロゴから思いきって職場写真に変更。応募してきた人は、とりつくろっていない写真に親近感を覚えたとのこと。そのビジュアルはスタッフ全員の肩が触れ合うほどのデコボコ集合写真でした。

意図していたわけではないものの、スタッフが整然と並んで写っている写真よりも、アットホームな印象が増し、それが応募につながったのです。

また、先ほど「対象を絞ったほうが応募が増える」と述べましたが、人物写真を使う際には、採用したい対象と近しい人の写真を掲載すべきです。

掲載されている人の髪型、髪色、メイクなどを見て、自分が馴染めそうな職場かどうかを判断している人が多いからです。

そして、働くスタッフのテイスト以上に重要なのが対象年齢の観点です。

雇用対策法が改正されたのが2007年。「労働者の募集および採用について、年齢にかかわりなく均等な機会を与えなければならないこと」とされ、年齢制限の禁止が義務化されました。その結果、応募者は求人広告に掲載された人物写真から、対象年齢を読みとる以外にヒントがなくなってしまいました。

このような背景もあり、求人広告の人物写真の重要度が増しているのです。

主婦を採用したいなら主婦スタッフ、学生を採用したいなら学生スタッフ……、求人広告には、とにかく来てほしいターゲットの写真を使うべきです。