2011.06.01(Wed) 内藤 忍

「最善を望みながら、最悪を覚悟する」
ストレスに強い賢人の危機管理術に学ぼう

河合薫さん(健康社会学者)に聞く「食とストレス」 Vol.2

筆者プロフィール&コラム概要

河合: 個人にできることと、組織でやらなくてはいけないことがありますね。組織をつくるのは、上の人たちの力でしかないわけだけど、だからといって、ストレスフルな組織の中でも、それを変えていくのは、やはり個人一人ひとりの力なんですよ。

内藤: 私もそう思いますね。片方だけじゃない。会社が悪いと言っている人は、自分も変えないとダメなんですね。

河合: 会社が悪い、辞めたいと言っている人ほど、絶対に辞めないですからね(笑)。

内藤: 鏡の部分があると思います。自分の会社を批判している人は、その人も、その会社の一部なんですから、自分も変わらなきゃいけないということを気づかなくてはいけないですね。家庭でも同じだと思います。「うちの妻、ぜんぜんダメなんだよ」って言う人は、自分も何か原因をつくっているという相互作用があると思う。

河合: 社会でも、変えなければいけないシステムや仕組みというものはあると思います。

内藤: 頑張った人が報われる社会じゃないと、日本にいるより海外に行ったほうがいいと思う人が出てくると思います。真面目にやっている人が満足度や納得感を得られるような社会をつくらないとダメになる。

河合: まったくそうですね。たとえば、今、東電が問題になっていますけど、現場の人たちって、事故が起きないように、停電が起きないようにするために、24時間毎日毎日腹の底から真面目にやってきたわけです。毎日同じことをやっているようでも、まったく同じ日というのはないわけで、ミスがないように毎日同じことを繰り返す。それでも、その人たちが評価されたってことはありませんでした。でも、なんか起こったときには叱られるんです。停電したときに、はじめて叩かれてしまうわけです。

内藤: ちゃんとやっていて当たり前は結構たいへんなことなのに。

河合: 会社の中でも、上司は部下にもっとパフォーマンスを上げろと言います。でも、会社の中を見回してみると、どれだけパフォーマンスのいい社員がいますか? 100人いる中小企業だと、超優秀な社員はだいたい2、3人です。ほとんどは、なかなかパフォーマンスを上げようと思っても上げられない、上げることが一体どういうことかさえもわかっていない方のほうが多い。

 では、その人たちがダメ社員かというと、そうではないんです。角度を変えて見てみると、あいつは仕事はできないけど、遅刻もしないし、会議の後はコップを片付けてくれている。そういう社員は、必ず会社にいます。しかし、会社のトップや上司は、そういう地味で目立たない人を評価しない。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

(ないとう・しのぶ) 株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長。
1986年東京大学経済学部卒業。91年、MITスローン・スクール・オブ・マネジメント卒業(MBA)。住友信託銀行、シュローダー投信投資顧問株式会社、マネックス証券などを経て2005年11月より現職。「日経マネー」などの雑誌での連載コラムや、テレビ、ラジオのコメンテーターとしても活躍。また、早稲田大学オープンカレッジ、丸の内朝大学をはじめとするマネーセミナーや講演活動も行う。主な著書に10万部を超えるベストセラーとなった『内藤忍の資産設計塾』(自由国民社)シリーズのほか、『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)『初心者は株を買うな!』(日本経済新聞社)、『内藤忍の「好き」を極める仕事術』(講談社)など多数。


内藤忍の「グルメ設計塾」

グルメな投資のスペシャリスト・内藤忍が、「食」こそ人生最高のインベストメントと考えお届けする、できる男のグルメの法則。投資効率の高い失敗しない店選びやオーダー方法、ハイリターンの「おもてなし術」、ローリスクで美味しいものを食べるヒントなど、ビジネスシーンやデートに使える小ネタが満載。監修は、築地王こと小関敦之さんです。