スウェーデンでの生活や性教育を進めるアクティビストElizaさん(右)との出会いも、福田さん(左)の活動のきっかけになった 写真提供/福田和子

日本で生まれ育った女子大生が日本の避妊法の低レベルに驚愕した話

私は日本でほとんど教わっていなかった

#なんでないの」というプロジェクトがある。

23歳の大学生、福田和子さんが始めたもので、「日本にはなんで世界と同じようなレベルの避妊法がないの」、「なんで世界のような性教育がないの」等々、実体験をもとに、日本の性についてきちんと考えよう、というプロジェクトだ。性教育ひとつとってもバッシングがおきる日本で、若い女性がなぜこの活動をはじめたのだろうか。性教育を「受けないできた」ことを実感している福田さんが、自ら世界を調査した上で率直な想いを語る新連載スタート。

福田さんの声が形になった「#なんでないの」プロジェクト。

「他の避妊法も考えてみた?」の衝撃

他の避妊法も、考えてみた?

それはスウェーデンの産婦人科での出来事だった。低用量ピルを貰いに行った私は、問診票に記入し、ピルの説明を一通り受け、もうすっかり帰る気でいた。

 

「他の避妊法?」

ピルを貰いにいった先で、ピル以外の方法を紹介されるなんて思っても見なかった私は思わず聞き返した。ピル以外の避妊法なんてあるのだろうか。すると私の目の前に出てきたのは、色とりどりのパンフレットだった。

「これはNUVA Ring、1度挿れると3週間取り出す必要がなくて、ピルと同じ避妊効果が得られるの。ピルを毎日飲むのはどうしても忘れちゃう人にオススメで、最近は結構ユーザー増えてるわね」

「こっちはシール。1週間ごとに貼り変えるのだけど、なかなかはがれることもないからオススメ」

「他にも1度挿れると3年間有効なインプラントっていうのもあってね……」

シールで避妊? 毎日薬を飲まずともできる避妊がある? 避妊法に選択の自由がある?どの方法も一切見たことも聞いたこともなかった私は、この時点で完全に言葉を失っていた。

「人によって向き不向きがあるから、色々知って考えてみるのもいいかも。女性ができる避妊法もたくさんあるから、自分でも調べてみて、分からないことや興味があれば、いつでも聞いて下さいね」

そういって彼女は、ピルのパンフレットに避妊等に関する情報を1度に見られるサイトのURLをさらさらとメモし、私に手渡した。

ドメスティックな女子校育ちの私が受けてきた性教育

私が上記の経験をしたのは2017年1月、交換留学生として、スウェーデンに長期留学していた時のことである。

私にとってはこのスウェーデン留学がはじめての海外長期滞在だった。日本に生まれ、日本語しか話せない家族に育てられ、それと似たバックグラウンドを持つ子の多い日本の学校に高校まで通っていた。そして勿論、家庭内で性に関する話は完全にタブーだった。

そんな私には、これまで受けてきた性教育について覚えていることがふたつある。ひとつめが、女子校に通う中でも男性教員から性教育の授業を受けるという現実。男性に性教育を受けるという段階で私はどうしようもない居心地の悪さを覚えた。教師は早口で授業し、つまりは“こういう”話はしてはいけないものなのだと認識しただけのものだった。

ふたつめが、性教育で繰り返された「自分を大切にしましょう」という言葉。抽象的な内容ばかりで肝心の「どうやったら自分の身体を大切にすることができるのか」という「具体的な方法」については殆ど触れない。女性と一口に言っても環境も考え方も違う。個々に色んな状況がある中で、どう知識を使い、考え、行動できるかが大切なのに、「自分を大切にしましょう」という言葉でまとめられてしまうことに、なんだか無責任、と無性に反発心が湧いたことを覚えている。

今思えば各々の記憶が、現在の性教育の縮図だ。最近でこそ再興を感じるが、2000年代初頭に起きた性教育へのバッシング以降、日本の性教育は停滞、この話題に関する対話は勿論、避妊や性的同意といった具体的知識を伝えることも難しいと感じる土壌が、社会、制度、教員、生徒、それぞれの中で形成されてきた。そして私はまさにその一部だった。

NEXT≫「女性の権利」アフターピルの意味