海に山に川。山陰は豊かな自然が残る場所。街から少し足を延ばせば、大きく深呼吸したくなる風景が広がります。そんな緑いっぱいの土地を、モデルの高山都さんが女友達と二人でゆったりと旅してきました。
 

窯元での忘れがたい出会い。

松江で自然とともにある
暮らしに触れる。

高山さんは湯町窯の代表作であるエッグベイカーや大小の皿などたくさん買い求めてご満悦。

最終日は島根の松江までドライブ。料理好きな二人の希望で、玉造温泉駅近くにある湯町窯を訪ねることに。湯町窯は民藝運動を担った河井寛次郎やバーナード・リーチが訪れた窯。蜂蜜色と言いたくなるような、美しい黄土色の器が代表作だ。

「この器の色や質感、温かみがあって本当に素敵だなぁ。ああもう、全部欲しい……!」

湯町窯では窯主の福間貴士さん(写真)との嬉しい出会いが。

そんな二人の様子が微笑ましかったのか、窯主の福間貴士さんが出ていらして、奥の間でお抹茶をご馳走してくださった。お父様とリーチ先生の交流のことなどをユーモアたっぷりに話してくださったご主人には、ここで改めて感謝を申し上げたい。

「器は松江でも買えるかもしれませんが、窯元に足を運んでよかった。作り手に触れると器は特別なものになります。使うたびにご主人を思い出しますね」

松江藩7代藩主・松平治郷公の食の好みから考案されたというオリジナルの鯛めしは、鯛のそぼろと裏ごしした卵黄、卵白に薬味と秘伝の出汁をかけて食べる。
拡大画像表示

旅で偶然訪れた素敵な出会いは、忘れるということが決してない。それは人や風景であったり、知らなかった自分自身であったりもする。山陰で出会った心動かされるすべてのことも、いつか二人の一部となって、そこからまた新しい旅がはじまる。

空港に戻る前、夕日の時間に合わせて島根半島の東端にある美保関灯台へ。山の近くを旅していた分、海がいっそう美しく見えた。

「次は海側の文化に触れたいですね。季節を変えて夏も素敵そう。それまで待てないくらい、すぐまた訪れたいですけど(笑)」

湯町窯
島根県松江市玉湯町湯町965-1
☎0852-62-0726
営業時間:8:00~17:00、 土・日・祝9:00~
定休日:なし


庭園茶寮 みな美
島根県松江市末次本町14 皆美館内
☎0852-21-5131
営業時間:11:30~15:00、17:30~21:30
定休日:なし

PROFILE

高山都 Miyako Takayama
1982年大阪府生まれ。雑誌モデルやラジオ番組パーソナリティなどで活躍。趣味の料理を生かして「クックパッドTV」の配信にも挑戦中。著書『高山都の美 食 姿』(双葉社)でありのままのライフスタイルを紹介し、同世代の女性から圧倒的支持を得ている。

行方久子 Hisako Namekata
1974年東京都生まれ。クリエイティブ&ブランディングディレクターとして活躍。アパレルブランドのディレクションや経営の経験を生かし、アパレル、フード、ビューティ、商業施設など多分野で手腕を発揮する。高山さんとは国内外を旅行する良き「旅友」。

          

●情報は、FRaU2018年12月号発売時点のものです。
Traveler:Miyako Takayama, Hisako Namekata  Photo:Kasane Nogawa Text & Edit:Yuriko Kobayashi