今日、口にした食べ物や着ている服は、どのような人がつくり、どこからやってきたか知っていますか? そこに労働搾取や児童労働、環境破壊はないかと、ものの背景を知って買うことからはじめてみてください。といってもストイックになりすぎることなく楽しみながら。エシカルな買い物は、社会や環境に貢献できます。

WELEDAのオイル&クリーム

ワイルドローズ ナイトクリーム 30㎖¥4000、アルニカ マッサージオイル 100㎖¥2600(ともにヴェレダ・ジャパン)☎0120-070601

1921年の創業当時から、人と自然の調和を第一に考え、倫理的なビジネスを理念としてきた〈ヴェレダ〉。例えば、冷えや肩こり、腰痛などにオススメのアルニカを使った製品は、主成分であるアルニカの伐採によって生態系が荒れてしまっていたため、WWFと協力し、環境保全エリアでの野生栽培に着手。また、農薬を使用した栽培で環境や健康被害が深刻だったローズの産地にガーデナーを派遣し、有機栽培を指導。上質な製品は、背景にそんな素晴らしいストーリーがあればこそ。

メイド・イン・アースの
布ナプキン&ストール

リトル布ナプキン各¥900、WITH PEACEクロマー¥7900(メイド・イン・アース)https://madeinearth-store.jp/

布ナプキンは、オーガニックコットンを使用。それは、天然素材そのままの風合いでからだにやさしいのはもちろんのこと、生産者の健康や経済的な問題を考慮し、化学物質に触れる機会を極力減らして、栽培環境への負荷もできるだけ減らしていくため。また、NGO団体Nature Saves Cambodiaに賛同しクロマーを企画・開発・販売している。

HASUNAのジュエリー

(左から)オーバルシェル&ダイヤモンドリング¥100000、スモーキークオーツリング¥125000、オーバルシェル&ダイヤモンドピアス¥65000、オーバルシェル&ダイヤモンドネックレス¥62000(ハスナ表参道本店)☎03-3409-1847

永続的に受け継がれる “PERPETUAL JEWELRY” をコンセプトにした日本のジュエリーブランド〈ハスナ〉。社会、自然、そして素材に関わる人々に配慮し、時代を超えて愛用することができる普遍的に美しいエシカルジュエリーを展開する。

使用するダイヤモンドの仕入れはカナダ、ロシア、ボツワナの鉱山から。ゴールドは国際非営利団体であるARMを通じてフェアマインド認証を取得したものとリサイクルのゴールドを使用。採掘後の土地が生態系へ影響を及ぼすことがないよう配慮し、鉱山で働く人々の労働環境改善にも取り組んでいる。児童労働や水銀を使った精製が行われるなど、いまだに整備が行き届いていない採掘地域の調査も怠らない。それが〈ハスナ〉の基本姿勢のひとつ。

唯一無二の模様を持つ、ウィルクス貝を使用したモダンなデザインが目を惹くジュエリー(上写真)は “l'unique=唯一の” と名付けられたコレクション。

イギリス領から独立して40年足らずという発展途上の国、ベリーズでしか採れないこの素材を使うことで、また現地の職人が採掘を手がけることで、ジュエリーの制作工程自体が国全体を支援する動きに繋がっている。

ジュエリー制作の背景には、環境や人権問題が潜んでいることも少なくない。それを踏まえたうえで、何をどう選ぶべきか。〈ハスナ〉は、ただ美しいだけではない、本当の意味で長く愛せるジュエリーだといえる。

   
 

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、2018年12月20日に発足した「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。


●情報は、FRaU2019年1月号発売時点のものです。
Photo:Shota Matsumoto , Toru Oshima(still) Text:Shiori Fujii Text&edit:Shoko Matsumoto