広末涼子35歳。いったい、私たちは彼女の何を知っていたというのだろう。女優としての仕事に、自身のプロモーションは必要ない。という姿勢を貫き、彼女の口からプライベートが語られることはあまりなかった。

その反動もあってか、憶測や噂がいつからか彼女の輪郭を縁取っていく――。彼女は言った。そのほとんどが虚構だと。その多くは、広末涼子と会話もしたことがない第三者が作為的に切り取った一部分にすぎないのが事実だ。

「特に吐露したい思いなどはないんですけど、面白いなと思って頂けるなら」と、気さくに笑い、始まったインタビューは気づけば2時間半に及び、2万字を優に超えていた。

広末涼子ロングインタビュー①

デニムジャケット¥42000/サザビーリーグ(カレント エリオット) その他/スタイリスト私物

――今日一日、撮影風景を見ていて一番、驚いたのが、カメラマンのアドリブに一切、「NO」がないこと。海でもいつの間にか寝転んでいたり、写真では気持ちよさげですけど、実際は、躊躇なく入れるような水温ではなかったはず。あの柔軟な瞬発力ってやっぱり女優魂みたいなものなのかなと。

「スチールの撮影とお芝居はぜんぜん違うものですけど、共通しているのは、〝応えたい気持ち〞。単純に喜んでもらいたい。そして『どうしたらこの人が笑うかな』『現場が楽しくなるかな』って。それと同時に、客観的にこのページや、カメラマンさんが『被写体である私にどうあって欲しいか?』という部分にアンテナを張って注視してるのかもしれない。それがお芝居だと、『監督が求めるものに応えたい』になったり。そこは、子供の頃から変わらないんだと思います」