確かに昔の文化は洗練されていました。でも、感度の高い、若い世代にもまだまだ期待しています

私が毎年やっている舞台の客層は、すごく広いんです。10代から、70〜80代まで。よくお見えになるグループの中には、96歳という方までいらっしゃって、その方はすごくお元気です。お客様の平均年齢が、20代後半から30代前半で、それが65年間ずーっと変わらないのです。ですから、ベテランの歌手の方のコンサートが、ファンが同世代ばかりだという話を聞くと、逆に驚いたりします。結局、ここにしかない雰囲気を生み出せているのが、そうやって常に若い人に興味を持ってもらえている理由なのかもしれません。

だから、いつの時代も、自分が生きている時代とは全く違う何か独特なものに惹かれていく若い人の感性は、素敵だなと思います。それに、最近は、世界レベルのアスリートや将棋の藤井(聡太)さんのような、飄々とした天才たちが続々現れていて、頼もしいです。スポーツでは、卓球の水谷選手、平野美宇選手でしょう。スキーの高梨沙羅さん、フィギュアスケートの宇野昌磨さん、体操の白井健三さんもすごい。みなさん大変な身体能力の持ち主で、加えてちゃんと努力もしています。

役者さんも、不良みたいな役者が姿を消して、斎藤工くん、福士蒼汰くんとか、若いのに端正でとても礼儀正しいので、お会いしてビックリしました。綺麗だなと思ったのは、千葉真一さんの息子さんの真剣佑さん。女の子も、石原さとみさん、新垣結衣ちゃんなんかは可愛いし綺麗だし、黒木華さんのような演技派もいて、この間対談した二階堂ふみちゃんも、すごくしっかりしていました。きゃりーちゃんも、この間、本の帯の文章を依頼されたので、「時空を超えた天才です」って書いたんです。

それぞれ、若くて健康的だけれど、退廃的な美についても興味を持ってくれているので、私が愛した文化が、若い世代にも受け入れられていることがわかって、それもとても嬉しいですね。