19万人超えのフォロワー数を誇る人気インスタグラマーのtamiさん。その人気の秘密は、彼女のキッチンにあります。無機質な土間に配置された業務用のシンクやコンロ、アンティークの作業台が鎮座するこの独特な空間は、もはや彼女の代名詞。

お話を伺ったのは…
tamiさん
主婦。1979年生まれ、滋賀県在住。夫、犬(マッシュ♀)の2人と1匹暮らし。2011年より始めたインスタグラムの投稿が人気を博し、現在フォロワー数は19万人超え。著書に『今日のおべん』(主婦の友社)、『tamiホーム』(扶桑社)、『tamiめし』(宝島社)がある。Instagram:@tami_73

実は、もともと料理は
好きじゃなかった

この空間から毎日インスタグラムにアップされる、1週間分の作りおきや、それらを毎朝詰めて作る「おべん」は芸術といっても過言ではない美しさ(おべんはtamiさんの造語)。もちろん味のほうも折り紙付きで、過去に3冊ほどレシピ本も出版されている。

あまりの手際のよさ、そしてレシピのレパートリーの多さなどから、「もともとtamiさんは料理好きだったのだろう」と思いがちだが、実はその反対。料理は2010年の結婚を機に「やってみようかな」と始めたのだそう。

tamiさん(以下tami):結婚当初は夫の実家に、夫の親兄弟と同居していて。当時は仕事を辞めて時間を持て余していたので、料理に挑戦してみようかな、と思い立ち、食事係に立候補しました。初めの頃はおかずの品数も少なくて、見た目もスッカスカ(笑)。前日の残りものを詰めるだけで精一杯でした。

それでも毎日休まずに作り続けることで、次第にコツをつかみ、弁当箱という小さな空間に美味しいものを、美しく詰めるという楽しさに魅了されていったそう。

キッチン横に設けられたパントリーコーナー。IKEAの棚に、お気に入りの容器などを並べて。調味料や乾物などの保存が効くものをまとめてストック。

アヲハタのジャムの空き瓶を有効利用。調味料やスパイス類、ナッツやセサミなどを入れて保存。ラベルはご主人のお手製、収納している棚は古道具屋で200円で購入した寿司屋の配達桶だとか。

tami家のキッチンの主役、吊り棚収納。ここには保存食を作るときに使う瓶や、ご主人のコレクションでもあるファイヤーキングのマグを吊るして収納。

ここでは、そんなtamiさんの魅惑のキッチンから始まる一日、素敵な朝時間の過ごし方をご紹介。いかに「食」が日々の活力になり、家族の明日へ向かうための元気の素になっているかがわかる。

朝は6時半起床、そこからご主人の弁当を作り朝食の準備を始める。

tami:顔を洗って着替えたらまずキッチンに立ちます。コーヒーメーカーをセットして、お弁当のメニューをざっと考えます。冷蔵庫の中の、作りおきを保存している密閉容器を選んで作業台に並べながら、その日卵焼きに入れる具材を何にしようかな? と同時に考えてもいます。1週間分を、週末にまとめて仕込む作りおきは、全体的に味に統一感を持たせて、どのおかずが弁当箱の中で一緒になっても美味しくなるように、なんとなく計算しています。あとは、色合いを考えて詰めていきますが、ときどき失敗して、なんとなく茶色いおべんになっちゃうこともあります。

平日の朝食は決まったメニューで
さっとすませる

tami家の朝食の風景。トーストには、各々好きなものを塗って。ちなみに、ご主人の好物はピーナッツバターの『SKIPPY』。毎朝使うジャムやバターは朝食セットとして小さなバットに入れて取り出しやすいように。平日の朝食はキッチンのカウンターで向かい合ってさっとすませます。

ご主人が身支度をととのえている間にtamiさんは朝食の準備もこなす。

tami:平日の朝は決まったメニューです。パンとヨーグルト&フルーツとコーヒー、これが定番。パンはお気に入りのお店のものだったり、市販のものだったりまちまちです。あまりこだわり過ぎないというのも、我が家流かもしれません。コーヒーも、休日はゆっくりと豆を挽いてハンドドリップで淹れますが、平日は時間短縮のために、コーヒーメーカーでささっと……がちょうどいいんです。

毎朝アップするインスタグラム用の写真の撮影は、キッチン横の玄関で。自然光がほどよく入る絶好の撮影スポットだとか。

tamiさんの朝は、「丁寧」と「効率」がちょうどいいバランスで共存する、とても心地のいい時間だ。毎日続く暮らしだからこそ、ルーティン化して規則を作る。そんな日々の連なりが、tamiさんの家族を支えている。