モデルの高山都さんが、毎日を気持ち良く過ごすためのひと手間や、季節や催事に合わせて生活を彩るコツなどを、自身のライフスタイルを通じてお届けする連載。

今回のテーマは「冬の体のリセット方法」について。年末年始、ちょっと食べすぎてしまったという人も多いと思いますが、高山さんのとっておきのデトックス方法をぜひ参考にしてみてください。

ランニングと
パクチー&春菊の料理が
健康美の秘訣!

月100kmが目標のランは
腕の振り方と体幹を意識!

まずはランニングについて。

私がランニングに出会ったのは28歳の時。ある仕事でハーフマラソンを走ることになったことがきっかけでした。運動が大の苦手だった私ですが、走る距離にはこだわらず、毎日15~20分ずつ外に出ることから始めて、気がつけば20分止まらずに走れるようになっていました。まさに「継続は力なり」で、今ではフルマラソンを完走できるまでに。今年3月に開催される東京マラソンに参加するのですが、目標タイムは4時間を切りたいなぁと思っています。

走る時に意識していることは、腕と体幹。肩甲骨が動くように、走るときは腕をしっかりと後ろに引きます。腕で三角形を作るようなイメージです。腕をしっかり振ることで、自然と足が前に出ていきます。また、体幹を使って走るように心がけると、姿勢が整うし、足に過度な負担がかからないんです。走るのが苦手な人は、歩く時にしっかり腕を振ったり、肩甲骨と体幹を意識して良い姿勢を保ってみてください。これだけで代謝が上がりますよ。

私は毎月100kmを走るように心がけていますが、毎日絶対に走るというルールは決めていなくて。「100km」というとクリアするのに難しい数字だと思うかもしれませんが、ちょっとずつやれば決して無理な目標ではないはず。自分で入口を狭めてしまうと余計に難しく思えてしまうので、あまり深く考えずに(笑)走ってみるのがいいのかなと思っています。

私の場合は100kmですが、これは9年走ってきた数字。毎月の目標は人それぞれで大丈夫ですよ。大きい目標にしすぎず、自分でクリアできるかな……くらいの距離を設定すると、続けられる気がします。

冬は紫外線も多くないし、汗もかきにくい。走っていると、どんどん体温が上がって体が温まってくるし、寒さで丸まった背中がシャキッとなるし、良いことづくめ。代謝が落ちやすい今の時期だからこそ、ランニングを始めてみることをオススメします。

デトックスに効果的な
パクチー、春菊を食べる!

撮影の前日やお肉を食べすぎた日の翌日に、私はよくパクチーや春菊を食べます。どちらもデトックス効果のある野菜です。便秘解消にもいいので、美肌効果にも期待できます。

みやれゴハン1 
パクチーと海老のタイ風玄米チャーハン

このチャーハンは、カロリーを抑えるため、えのき茸やラディッシュをみじん切りにして、少量のお米でも満足できるようにしました。お米は白米でもいいですが、玄米の方が噛みごたえがあり、栄養素も豊富。食物繊維も豊富なので、ダイエット中なら玄米がオススメです。 

材料(1人分)
むき海老……………100g
干しエビ……………小さじ1
生姜…………………1かけ
えのき茸……………1/2袋
ラディッシュ………1~2株(なくてもOK)
パクチー……………2束
玄米…………………お茶碗に軽く1杯
卵……………………1個
ごま油………………大さじ1
オイスターソース…小さじ1
ナンプラー…………小さじ1
黒胡椒………………少々
(海老の下味用)
酒……………………大さじ1
ごま油………………小さじ1
片栗粉………………大さじ1

◆作り方◆ 
1.むき海老に塩をふり、酒、ごま油、片栗粉をもみ込んでおく。

2.干しエビ、生姜、えのき茸、ラディッシュはみじん切りにしておく。

3.パクチーは葉の部分は飾り用に残しておいて、残りは刻んでおく。

4.フライパンにごま油をひき、生姜を入れ、香りが立ったらむき海老を入れて焼き付ける。そこに、玄米と干しエビ、えのき茸、ラディッシュを入れて炒め、仕上げにパクチーの茎の部分を入れる。オイスターソース、ナンプラー、黒胡椒で味付けする。

5.別のフライパンで目玉焼きを作っておき、パクチーの葉とともに仕上げに乗せる。

 
みやれゴハン2
春菊と韓国海苔の白和え

春菊を使ったレシピで、私がよく作るのがこちら! 甘すぎないさっぱりとした白和えは、ご飯にもお酒にもよく合います。お豆腐は良質なタンパク質で、腹持ちもよく、春菊のクセを和らげてくれます。白味噌と練りゴマで、コクをプラスしたのがポイントです。

材料(2人分)
春菊……………2束
絹豆腐…………150g
白味噌…………小さじ1
練りゴマ………小さじ1
甜菜糖…………小さじ1
韓国海苔………1パック(小分けのもの)
塩………………少々

◆作り方◆ 
1.豆腐はキッチンペーパーに包んで水切りしておく。

2.春菊は塩を入れたお湯でサッと茹で、しっかり水気を絞っておく。

3.豆腐に白味噌、練りゴマ、甜菜糖を入れ、よく混ぜておき、食べやすい大きさに切った春菊、手でちぎった韓国海苔を入れて和える。

PROFILE 

高山都 Miyako Takayama
1982年生まれ。大阪府出身。ビューティモデル、ドラマや舞台の出演、ラジオ番組のパーソナリティなど幅広く活動。趣味はランニングと料理。フルマラソンを3時間41分で完走の記録を持つ。自身のImstagram:@miyare38 では「#みやれゴハン」として日々のごはんの投稿も。著書に『高山都の美食姿「したたかに」「自分らしく」過ごすコツ』、『高山都の美食姿2「日々のコツコツ」続いてます。』(ともに双葉社)。

 
Photo:Nobuki Kawaharazaki Hair&Make-up:Chika Suzuki(A.K.A.) Text:Naho Sotome

 
▼ゆるごごちLIFE #1もチェック!

▼こちらの記事もおすすめ!