photo by iStock

人生100年時代に、終身医療保険は「いいカモ」の可能性

サヨナラ保険①

保険は陳腐化する!

老後の医療費、介護費用や生活費を確保する目的で、民間のさまざまな保険に加入しようと思っている人や、すでに入っている人が大勢います。しかしその保険、本当に頼りになるのでしょうか?

たとえば終身医療保険です。

60歳ないし65歳で保険料を払い終わりにすれば、老後の備えに最適と思ってはいませんか。しかし保険の契約書の中身は、時代がどう変化しようとも、一字一句たりとも変化しません。

今や「人生100年時代」といわれるようになりました。50歳以上の人の大半が、まさか自分たちが関わる話だとは思っていません。しかし、現在50歳の方が終身医療保険に加入したとしても、実際に保障が必要になるのは30年後、40年後かもしれません。その間に医療そのものが大きく変わってしまうはずです。

保険は、契約した時点で保障内容が決まってしまい、約款に書かれていないことには対応してくれません。「保険は陳腐化する」という現実を意識する必要があります。

photo by iStock

あなたはいったい何歳まで生きるのか?

さて、あなたは今、何歳ぐらいを人生のゴールだと考えているでしょうか。男性なら75歳から80歳、女性でも80歳から85歳ぐらいでしょうか。厚生労働省が発表した2017年の日本人平均寿命でも、男性約81.1歳、女性約87.3歳でした。

もちろんみなさん、それはよくご存じです。しかしそれでも「自分は例外だ」と思っているのです。

自分には持病がある。若いころ不摂生していた。タバコがやめられない。短命の家系だ。理由はいくらでも付けられます。

 

しかし残念ながら、それらの理由は大きな影響力を持ちません。みなさんの多くは、想定年齢をさらに大幅に超えて生き続けることになるのです。