写真出所/大紀元

感染豚の死骸も売買…中国全土に蔓延する豚コレラの本当の憂鬱

政府は被害軽微を強調するが

カネ儲けのためなら

高速道路上に2列に並べられた豚の死骸、彼らの皮膚には赤紫色の死斑が現れているのと同時に土埃がこびり付き、見るからにぞっとする光景だった。

それはネット上に表示された写真だったが、そこには次のような説明文が添えられていた。

「一昨日殺処分されて穴の中へ埋められたアフリカ豚コレラに感染した豚の死骸は、その日の夜に地元民によって掘り返され、トラックで別の地方へ運ばれて販売される予定だった。ところが、そのトラックが高速道路で積荷の検問に引っ掛かり、輸送中だった豚の死骸は運悪く摘発された」。

写真は摘発を受けてトラックから下ろされ、高速道路上に並べられた豚の死骸である。

米国カリフォルニア州セントメリーズ大学(Saint Mary's University)英文学部教授の徐賁(じょふん)はこの写真を見た感想を3月3日付のコラムの中で下記のように述べた。

1)私の最初の反応は、人間性がどうしてここまで失われてしまったのかというものだったが、思わず以前にネット上で流行っていた言葉を思い出した。
それは「中国需要的不是走向世界、重返人類(中国が必要なのは世界に向かうことではなく、人に立ち返ることだ)」であった。
2)今日、異なる地域が生産物を相互にくさしたり、生産者が自分の生産物をゴミと認識しているといった話を聞いても、以前のようには驚かなくなってしまった。
過剰な農薬散布の故に、ニンニク農家は自分の栽培したニンニクを食べないし、きくらげ(木耳)農家は自分が栽培したきくらげを食べない。また、稲作農家は自分が育てた米を食べない。
このようなニュースはたびたびメディアで報じられるが、大多数の人々の驚きや憤りはすでに絶望と麻痺によって取って代わられている。

アフリカ豚コレラに罹患した豚の肉を人間が食べても感染はしないということなので、たとえ人間が罹患した豚の肉を食べたとしても、豚がその人間の排泄物を食べない限りという条件付きではあるが、何ら問題はないという。

しかし、感染の拡大を防ぐために殺処分されて穴に埋められたアフリカ豚コレラに感染した豚を、カネ儲けのために掘り出して遠く離れた食肉市場へ販売するということは、どう考えても人倫にもとる行為である。

 

豚コレラ犯罪の規模

2018年8月3日に、遼寧省瀋陽市の沈北新区にある養豚場で豚の感染が発見されたアフリカ豚コレラは、19年2月末までに、河南省、江蘇省、浙江省、安徽省、黒龍江省、内蒙古自治区、吉林省、天津市、山西省、雲南省、湖南省、貴州省、重慶市、湖北省、江西省、福建省、四川省、上海市、北京市、陝西省、青海省、広東省、甘粛省、寧夏回教自治区、広西チワン族自治区、山東省という順に感染を拡大し、2月24日に河北省保定市で感染が確認されたことにより、31ある中国の一級行政区(省・自治区・直轄市)のうちの28でアフリカ豚コレラの感染が確認された。

2月末時点でアフリカ豚コレラの罹患が確認されていない一級行政区は、新疆ウイグル自治区、チベット自治区、海南省の3つだけで、中国全土がアフリカ豚コレラの汚染によって制覇される日はそう遠くないものと思われる。

こうした深刻な情勢下で、3月1日に記者会見を行った中国政府「公安部」は、中国国内に蔓延するアフリカ豚コレラに関連する違法な病死豚の売買や虚偽報告などの犯罪取締り状況を発表した。

それによれば、昨年8月から今年2月末までに全国各地の公安機関が協力して捜査を展開した32件のアフリカ豚コレラに関わる刑事事件を通じて犯罪容疑者90人を逮捕し、事件に関連した豚は1.5万頭、豚肉と豚肉製品は140トンにも及んだ。

また、病死豚の解体・販売事件など各種の死んだ家畜に関わる事件500件以上を解明し、犯罪容疑者960人を逮捕した。

不法分子は先ずアフリカ豚コレラの感染で病死した豚を大量に購入し、それらを別の省へ送って肉製品に加工した上で、さらに他の省へ分割して販売する。

この種の犯罪は主として生産、供給、販売の3分野から構成される。最初に疫病の発生状況を遅滞なく報告しないまま、密かに病死した豚を外部へ販売する。

その次に、違法な私営の食肉加工工場が死豚の解体を行い、豚がアフリカ豚コレラに感染していないことを示す検疫証明書を偽造したり、違法に購入したりして、豚肉を感染区域外へ運び出して販売するのである。

公安当局によれば、これら事件の中には、政府所属の獣医が不法分子からの要請を受けて検疫証明書を違法に発行して販売した例もあったという。