「私が助けなければ」の使命感と悲劇

動物ボランティアをしている仲間と話をすると、最初は「仕事や家庭を犠牲にしないように、自分ができることを継続できる形で無理せず活動できたらいいな」という思いで始めた人がほどんどだ。私自身もそうだった。ところが、ボランティアを始めると、動物たちの厳しくつらい現実に直面する。

日々行き先がない、飼育放棄され行き場がない動物を目の当たりにする。「なんでこんなことが!」という怒りや悲しみとともに、気づくと「私が助けなければ!」という思いが強くなり、全て引き取りたい気持ちが押さえられなくなってしまうことがある

しかし、保護できるスペースは限られている。活動資金の問題ももちろんだが、それ以前に、人間が世話できる頭数には限界がある。それを無視して保護してしまうと、逆に保護した動物に悪影響が及ぶことも。散歩にも連れて行ってあげられない、動物たちが落ち着けるスペースも与えられない、給餌や投薬などの健康管理もおざなりに……。最低限以下のケアしかできなくなる危険もあるのだ。

必要経費も人員もスペースも余裕はない

経費も思った以上にかかる。シェルター(保護して世話をする施設)で犬を例にお話すると、1ヶ月の経費は大型犬1頭の場合、食費は約5000~1万円。他にトイレ用品やトリミング代など1ヶ月およそ1万~2万円もの必要費用を必要とする。さらに、保護した動物たちは、悪環境で体調を崩していることも多く、高額な医療費がかかるケースも少なくない。他に、団体によってはシェルターの家賃や設備費、人件費、光熱費、動物たちを保護し移動するための車代(ガソリン代)も必要だ。

顎の骨が折れてそのまま放棄されたプードル。保護後、骨折した下顎骨の創外固定の手術を行った。保護される動物は、病気やケガなど治療が必要なケースも少なくない。撮影/山内信也

シェルターでのボランティアも食事を与えるだけでなく、シェルターの掃除、犬の場合は散歩なども必須だ。最低でも犬の場合は5頭で1人、猫の場合20頭で1人のボラティアを確保するのが理想と考えられる。しかし、どの団体も飼育放棄されて保護する動物たちが多いので、資金的にも人員的にも無理して保護しているのが現状だ。

人間が満員電車にストレスを感じるように、動物にもパーソナルスペースは重要だ。保護した動物数が多いからと、十分なスペースを与えず狭いケージや部屋に複数頭の犬を詰め込めば、彼らはストレスで喧嘩をし、咬み殺してしまうケースもある。その咬み殺される様子を見ている周りの犬たちの恐怖も計り知れない。また、力が強い犬や猫に食餌を奪われ、弱い犬や猫は恐怖で食べられず、餓死することもある。

さらに、犬は本来、高いところが苦手だ。ところが、狭いスペースで多くの犬を保護すれば、ケージを積み重ねて収容することになる。周りの犬が動くたびに揺れる不安定なケージの中で過ごす犬たち。保護されたにも関わらず、「前の環境のほうがよかった」という残念な事態も起きているのだ。

ボランティアが崩壊という現実もある

ここ数年、“殺処分ゼロ”が動物保護の大きなスローガンになっている。もちろん、殺処分を減らしていくことは大事だ。しかし、殺処分ゼロだけを目標にしてしまうと保護する個体数が拡大し、その負担はほぼ動物保護団体にかかってしまう。

保護して、譲渡会などで新しい飼い主がうまく見つかれば良いが、現実はそんなに甘くはない。特に高齢の動物の譲渡は難しく、シェルターが終の棲家になってしまうことも多い。

譲渡の可能性のない動物を救出する。そして、飼育放棄される動物が多ければ、ケアできる人員やシェルターの空きスペースに見合わない数の動物たちを抱えることになってしまう。その結果、動物保護団体が多頭飼育崩壊状態になり、破綻するケースも出てきている。

2016年には姫路で、2018年には東京・板橋で飼育崩壊が起きた。今年2月には、東日本大震災後、福島で熱心に被災動物の保護を行っていたボランティアが飼育崩壊になったという情報も伝わってきている。

動物愛護団体で飼育崩壊が起きると、ボランティア、周辺の動物愛護団体などが声を掛け合い救助するということになる。しかし、無理して保護数を増やし、動物愛護団体がアニマルホーダー(過剰飼育状態)になると、救出する動物の数は、100頭を超えることもある。「一度保護された動物がまた殺処分になってはいけない!」と救助に関わる人たちは必死に預かってくれる人を探す。そして、またそこでも無理をして預かる、という歪みのスパイラルが生まれてしまうのだ。