平成に起きた「移民増加という現実」をどう考えるか

「建前」と「現実」のギャップ
下地 ローレンス吉孝 プロフィール

繰り返しになるが、新入管法が施行されるまさに今この時節に最も肝心なことは、感情的な発想に飲み込まれることなく、日本社会の「現実」を見つめることである。

日本が自分の現実の姿を認められないことは、同時に社会統合にかかるコストから目を背けるという社会経済的な問題でもある、と望月氏は説明する。

統合の課題から目を背け続けることは、移民の苦境を社会的な問題ではなく個々人の問題へと帰結させるだけではなく、長期的には受け入れる側にとっても得にはならない社会的な分断を招いてさえしまうという。

日本社会の「移民」や「外国人」の現実を把握する――と一言で示しても、現実には「移民」や「外国人」という言葉が含蓄する意味は非常に複雑でいくつものトピックに分割されている。

この複雑な現実を複数のトピックごとに分けて整理し、それぞれにおける歴史性・政府の建前・実際の状況や課題が現在得られる最新のデータをもとにグラフや図式を使用しつつ理解しやすく提示されているのが、本書が「見取り図」である所以である。

その主なトピックとは、

・身分や地位に基づく在留資格である「永住者」や「定住者」
・専門・技術で就労を目的とした在留資格
・アルバイトで就労する留学生たち
・表向きは就労目的ではないとされる技能実習
・家族滞在
・日本国籍のなかでも帰化者や「国際児」と呼ばれる人々
・新設される特定技能
・非正規滞在者たち

などである。

本書によれば、これらのトピックに関わる人口をすべてカウントすれば、少なく見積もってもゆうに400万人を超えるという。

〔PHOTO〕iStock

本書ではこれらすべてについてデータを示し把握し、それぞれのトピックの相互関係を図式化することで日本社会における移民の実像を理解しやすく解説している。

その上で、「労働」に関するテーマ、「技能実習生」、「非正規滞在者」、「特定技能」についてはそれぞれ一章分を割いてさらに深掘りしている。

「労働者」としての移民受け入れに関する章では、「専門的・技術的分野の外国人を積極的に受け入れるが、いわゆる単純労働者は受け入れない」という日本政府の建前について、現実にはその逆の受け入れが進んできたことが解説される。

この建前と現実のねじれはなぜ生じたのだろうか。

また、外国人の非正規雇用増加の課題は、移民のみならずそのまま日本社会の労働の問題へとダイレクトに結びつくため、誰にとっても身に迫る問題として受け止められる。

 

毎日のようにその深刻な問題点が報道されている「技能実習」に関する章も必見だ。

特に、技能実習生の「失踪」について、一般的にはそれが個人の問題であるかのようにとらえられがちだが、実際には「失踪するしかすべがない」という状況にまで個人を追い詰めてしまう社会構造と制度上の矛盾について鋭く分析している。

センセーショナルな出来事について感情的に流されるのではなく、冷静沈着な眼差しで現実を見つめるために必要なことが書かれている。

また、同じ章には、実際にはアルバイトなどの労働力として多くが日本経済を支えている留学生についても記述されている。学校でもコンビニでも、多くの人が日常的に接するのは実習生よりも留学生の方が多い。

かれらの現実について、どれだけのことを知っているだろうか、と自らに問い返しながら読んでいただきたい章だ。

次にくるのは、管理と監視が強化される日本社会のなかで、排除へと方向付けられる「非正規滞在者」の置かれた社会的立場について書かれた章だ。

「人権」とは一体なんだろうか。外国人の人権に対して政府の自由裁量が強く働くような現状の課題が詳しく論じられている。

いよいよ4月から施行される「特定技能」の章では、総理自らの指示で進められてきた2018年の法改正へ向けた動きのなかで、新たに誕生しつつある外国人受け入れの大きな矛盾点――「就労目的での受け入れであっても、就労資格とは認めない」という屈折しなおかつ論理的にも破綻している新たな建前について詳しく記されている。

約1年間の法律の成立過程についても詳しく情報を得られる章でやはり必見である。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/